2008年09月30日

血液型不採用対策♪

面接で血液型を聞く社長や担当者がいます。

「B型と言った瞬間、顔色が変わって
 不採用になりました・・・(涙)」

そんな話、よく聞きます。

これ、本当は聞いちゃだめなんですよー!

本人の責任とは関係ない部分での「差別」になるからね。
法律で裁かれるわけではありませんが
抗議の対象にはなります。

そのほか、個人の思想や信条、家族状況、
資産状況
も聞いてはいけないことになっています。

面接で聞いたほうは、悪気はなくとも、
あなたの性格を限定しようとしているのは事実。

せっかく時間を使って、その会社を選んで面接に行ったのに
そんな担当者に素直に「●型ですっ!」と言ったばかりに
落とされるのもシャクですよね。

だからといって、ハナっから
「言う必要はありませんっ!」と抗議しても
その生意気な態度で落とされると・・・もっとバカみたいですもうやだ〜(悲しい顔)

私の場合、身近な人以外
絶対に血液型を言わないようにしています。
それで好きに思われるのが趣味♪でもありますけど、
やはり、勝手な先入観を作られるのがいやなんですよね爆弾

そこで、逃げ方をご紹介♪ぴかぴか(新しい)

「母親がO型で父親がAB型のはずなんですが・・・」

「小さいとき、確かにA型のバッヂをつけていた記憶が
あるのですが、大きくなって調べると違ったような・・」


とか何とか言って・・・

「すみません。もし面接で必要でしたら
 ちゃんと調べてきますけど♪」


と、しめくくります。

誰も「調べてきて!」とは言いません手(チョキ)

今は、事故などでいきなり生血を輸血することもありませんし、
ちゃんと事前に調べてくれるので
「知らないなんてあり得る? 危険だなぁ!爆弾

なんて、言われる筋合いもありません。
健康診断でも、出す場合と出さない場合がありますから。

でも言われたら、オトナ的に笑っておきましょうるんるん

とにかく、面接で血液型を聞くほうが悪い!
そんなことで無意味に限定されないようにネ♪


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪








posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 01:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくさんの人を面接していると何となく血液型も想像がつきますが、私は聞きませんね。
そんなことを理由に落とす会社があるとは由々しき問題ですね。
以前外資系(US)の会社にいたので、そのあたりは厳しく教えられました。米国の会社は面接では、性別や年齢も聞いてはいけません。
Posted by タッシー at 2008年10月03日 01:08
タッシーさま>こんにちは〜〜♪
血液型! 私もタッシーさんに当てて欲しいです♪
アメリカは本当にハッキリしていますよね!
日本は建前は素晴らしいですが、何かと中途半端!なぜだろう? 気候のせいかしら?(笑)
またいろいろ教えてくださいね♪
Posted by 武田あかね at 2008年10月04日 12:36
RH血液型を調べていましたら、ABO式それで求人をして採用する会社があるということを発見しました。カルチャーショックです。周りはヨーロッパ人特に地中海人種ですがRHーの人も多いです,,人類の祖先はアフリカの大地でOニュートラルでヨーロッパ、ユーラシア大陸を渡って行くうちに突然変異によりAができ次第にアジアへ移行するうちにまたBができてきたという記事を昔読みました。どうでもいいですが、Bは中東以東に多いそうですA型が多いイタリア人やスペイン人が緻密な完全主義、真面目性格、、、当たってますか?(笑)B型日本人のどこがおかしいのでしょうか???それで採用や不採用になるなんて、不採用になる前にそういう会社に採用されなくてラッキー!よかったと思います、、日本に帰るたび民間放送で占いが朝からある国の冗談ですね。きっと
Posted by r at 2010年01月28日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。