2009年02月16日

世界「小」料理サミット!

日本フードジャーナリスト会議
「世界料理サミット」に
大好きなあおい有紀さんと一緒に参加してまいりました〜ダッシュ(走り出すさま)
あおい有紀さんと.jpg

あおい有紀さんはフリーアナウンサーで
フジテレビ『とくダネ』花王生CMに毎日出演されている
朝の「顔」です。

でも、かたや料飲専門家団体連合会(FBO)東京支部役員で
焼酎アドバイザーでもあるのです。
飲食業界を元気にする人がこんなところにもいらしたなんて!揺れるハート

さてさて世界小料理サミットとは、
世界料理サミットと同日に
東京国際フォーラムで開催されていた
世界の小料理のサミットでございます。
世界小料理サミット.jpg
 
小料理の定義はいろいろあります。

小料理は小皿にちょこちょこ乗っていて
プロとアマの間にあるようなさりげない料理。
でも決して家庭料理を超えない料理。

小料理屋は家庭と職場の間にあるお店。
なくてはならぬ都会のオアシス。

さて、あなたの思う定義はなんでしょ?

仕事帰りにふらりと立ち寄り、
女将さんの「お帰り」「オツカレサマ」などの言葉で
癒されながら頑張ってきた団塊の世代には、
今こそ特に、ものすごいニーズなのですよ。

世界にも小料理じわじわと。
大料理も小皿化が目立ち、
ピンチョスなどは
お会計方法も、串を数える串屋と同じだとか。

世界小料理サミット2009の模様はこちらexclamation
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090212/1023696/

小料理の小とは何ぞや・・を考えさせられますヨぴかぴか(新しい)



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利き酒師の葉石さん、素敵ですね〜♪

ほんと、小料理屋は都会にはなくてはならないオアシスです。

今日みたいに冷える夜は、熱燗と、小皿に盛られた旬の和食の品々が心までシッポリと包んでくれそうです。

キャラクターの絵も愛嬌があってグッドですね。
Posted by JEC at 2009年02月16日 20:58
JECさま>こんにちは〜〜〜♪
隅々まで見ていただき、感謝です!
冷える夜には、さりげなく素朴な小皿料理と優しい女将さんのお顔があると幸せですよね!
Posted by たけだあかね at 2009年02月17日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。