2009年04月20日

食事面接♪

婚活にも役立つかも話るんるん

食事をしながら面接になったとき

「一次が良かったから、招待してくださるのねー」
と思ってらっしゃるかた。

もちろんそうです。
見込みのない人は呼ばれませんからね。

ただ・・最も見られる場であることお覚悟を。

たとえば私が面接官の場合
単独のコース料理を選ぶことはありません。

イタリアンなどで
大皿から取り分けするシチュエーションにします。

さてさて。
お料理が運ばれてきます。

大皿にサーバー(サービススプーンとフォーク)
が乗っています。

招待した私がやってくれるものだと
待っている人もいます。

・・・私はとことん何もしません・・・

レストランスタッフにも取り分けに来ないよう、
そして私を知らない人として扱って欲しいと
予め耳打ち耳しています。

お料理を目の前に、
私はどうでもいいくだらない会話を続けます。

そこで「どれだけ気がつき行動に移せるか」

サービス業に限らず
気づかない・空気が読めないというのは
仕事においては致命傷のひとつですからね。

早い人は、料理が運ばれた瞬間に取り分けるか
「取り分けいたしましょうか?」と聞いてくれます。

サーバーなんてね
片手でかっこよく使いこなす必要はありません手(チョキ)
あれはもともとプロが
お皿を片手にもって取り分けるときに必要な技術です。

難なく使える人はマナー教室かどこかの場で
訓練したのでしょうし
食事面接では、ただそれだけの評価です。

両手で結構手(チョキ)
慣れない片手でやって、相手の服に飛ばす危険性を伴なうより
両手で丁寧に取り分けたほうがいいかも。
とにかく「取り分けようとする」その気づきだけを見ています。

とことんやらない(やれない)人もいますよね。
どんどん料理が変質するというのに。
案外、男性のほうがやろうとする人が多いのも意外です。

スタッフを呼ぶ人もいます。
それもいいでしょう。

どうにもこうにも長時間手がつかない場合
私がサーバーを両手で持って取り分けはじめ
料理を「あ・・exclamation」とわざと落としてみることもあります。

殆どの人がナプキンやら、ティッシュやら
ハンカチを出してきます。

でも中には
「なぁに?この武田さんっていう人・・
全然スマートでない・・むかっ(怒り)
というような目で見る人もいます。

いいのです。
面接官があなたをわざわざ招待したのは
一緒に居て欲しいわけではないのです。

その反応を見ているわけですから。

態度ひとつでも
学生時代の交友関係がわかる場合があります。
風俗など経験していたかもわかったりしますね。

入社3年くらいは、まだまだ教えてもらえる立場です。
特に女性の場合
「知っている人より、教えてもらえる人」でなければ
はじめに技術的に高かったとしても
その後の伸びに差が出るのですダッシュ(走り出すさま)

「やっちゃいけないかと思いました〜るんるん

「緊張してどうして良いかわかりませんでしたバッド(下向き矢印)

「そもそも私が学んだマナーは・・爆弾


こんな言い訳の多いタイプも減点かも。

でも思わず吹き出すほど面白いネタで言い訳するなら
スゴイですネぴかぴか(新しい)

とにかくこっちが面白くなる人なら、
どこに行っても周囲が元気になるかもしれませんぴかぴか(新しい)

面接で食事に呼ばれた場合、
あらゆるところを見られるわけですが、
マナーよりは「気づき」を見られていることを
頭に入れておきましょう。

鈍感を気にしている人は
人に興味を持つことから初めてください。

面接官はいじわるですか?

面接官はあなたを理解するためにいるのではなく
あなたがその企業に合うかどうかを
見分ける人ですからね。

それがお仕事だからしょうがないわーい(嬉しい顔)

良い面接官に出会って合う仕事に就くことができたら
その後、幸せに過ごせるかもるんるん


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食事しながらの会話>電話>E-mailの順番で、意思疎通の効果が違うそうで、これはアメリカや中国でもかなり当てはまるのだとか。

○○○>食事しながらの会話 ・・・想像しましょう。♪(John LennonのImagine風に)♪
Posted by JEC at 2009年04月20日 22:39
イマジン♪
映画を観たとき、あれもこれもJohn Lennonの歌だったのね・・と驚いてハマってしまったことがあります。
おいしい食事で会話がはずみ、会話によっていくらでも食事がおいしくなるのは不思議ですね。
Posted by 武田あかね at 2009年04月21日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。