2009年06月26日

自然消滅の期間

これを無くしたらどうしようがく〜(落胆した顔)と思っていたことでも

いざ手元から無くなってみると
心から
ホーーーーーーーーーーッダッシュ(走り出すさま)とすることがありますよね。

そんなものです。
本物は何があっても永続し
「執着」は自然に、そして完全に消滅します。

焦らずに。
前を向いて。

転職相談に訪れた人との雑談で
「何ヶ月待って接触がなければ自然消滅なのですか?」
聞かれたことがあります。
彼とうまくいってなかったのでしょう。
たいがい30歳まででこれといった理由もなく
「一生、仕事に生きたいのです!」
と悲愴感いっぱいで相談に来る人は
ほぼ男性と何かあったと見て間違いないですね。
人事のベテランには、そう見られることがありますのでご注意をひらめき

相手との付き合い方によりますが・・・
ステディで毎日連絡を取り合う
恋人としてのお付き合いの場合

私は1週間、メールや電話の返事がない場合は
接触できない(したくない)事情ができたと思います。
そして、1カ月で相手は自然消滅を望んでいると思い、
3ヶ月で自然消滅されたと思って間違いないと思います。

今までずっと連絡してきていた人が
「仕事が忙しくて余裕がない」は嘘ですヨ目

ここで気づいて欲しいのが
自然消滅を狙う相手はもともと
あらゆる面でズルイんですよ。

ちゃんとお付き合いをしたのなら
ちゃんと終わらせることができるはずです。
本当にあなたと時間を大切にしてきたならね。

だから、そんな人をいつまでも待たないで。

どんどん新しい人と出会って欲しいと思います手(チョキ)
いっぱい恋して欲しいです黒ハート
性格的に恋ができない人もいるのですからね。

仕事に生きるか、家庭に生きるかなんて
決める必要はありません。

いずれ自然に
その人のオリジナルな生き方をしているものですヨ。



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去に男性となんかあって悲壮感いっぱいの女性志願者って、やっぱ人事からみたら採用するにはマイナス評価でしょうかね?それはそれでなんとなくプラス評価してあげたいような判官びいき的な観かたが多少私の中にはあるのですが、冷徹な企業的観点からは甘過ぎですか?やっぱ恋愛、家庭と仕事のバランスが取れていないと・・
自然消滅についてはAgreedです。しかし、波風立てずにある種和を持って離れていくやりかたは日本人独自なのかな・・逆に自然復活という話は聞きませんね。玉木浩二と石原真理子ってパターン(長期間の別れの後、復活でしたっけ?)が以前はありましたね。でも、去るもの日々にうとし = Out of sight, out of mindとはよくいったものです。
Posted by JEC at 2009年06月30日 01:28
失恋して仕事に生きる!は素敵なのですが、まだムリのあるうちは、やはりやめてしまうことが多いですよね。吹っ切る材料にするだけとか、まだ精神的に付いてこられないとか。
「悲愴感」がなくなった頃、やっぱり働きたい!と思ってくれたら本物なんですが・・なかなかうまくいかない例が多いです。
仕事は、やっぱり少しは好きでなければ・・または生活を守るためでなければなかなか続きませんねぇ。
そういえば、自然復活って聞かないですよね(笑)
Posted by 武田あかね at 2009年06月30日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。