2009年08月10日

いつの時代もオンナは・・・

「少し愛して長〜く愛して揺れるハート」のCMは
当時のディレクターさんによると
“男の願望のみ”を表現したものらしい。
あのCM、いつも男の勝手で待たせているものねふらふら

そして、そして、覚せい剤事件がテレビを占領しているっexclamation

矢田さんはご主人の行動で今までも仕事に影響があっただろうな。
それでも好きな男性を信じようとする気持ちがあっただろうし
今回は、ドラッグ+女性の全裸変死。
もしこれが自分だったら立ち直れないくらい傷つくだろうな・・もうやだ〜(悲しい顔)
そして離婚。子供は・・・ふらふら??

そしてのりピーさん。
元々あんな感じだったのかなぁ・・・?
表に出ている芸能人のキャラは作られているからよくわからないけど。
もしご主人の影響が大であんなことになったのならば
国内外で築き上げたものは・・・そして子供は。

いつの時代も女性のほうに負担が大きいものなのねぇぇ〜。

何もかも捨てて
恋愛や結婚に臨むのは
一般的には女性のほうかもしれません。

また、結婚したら幸せどころか、無駄な苦労を背負い込むことも多いですね。

女好きで遊び人の男は一生変わらない。
嘘つきは人格の障害で不治の病。

女性と都合よく遊びたい人に
誠実さを求めるのははじめからタブー。

人はあなたで変えられません。

そういうことです。

↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセラーのひとりごと゚・*:.。. .。.:*・゜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひと言、ひと言、胸に痛かったりしています!

同感だったり、私も.....だったり(汗)

舞台、確か11月世田谷でしたね、

うーーーーーん♪
Posted by ゆうママ at 2009年08月11日 17:21
ゆうママさま>自立しすぎている女性もどうかと思いますが、男で様変わりする女性もいろいろと大変ですよね。
舞台は11月世田谷です。
堤真一さんの舞台は、意気込みだけは、最前列狙いです(笑)
Posted by 武田あかね at 2009年08月16日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。