2010年04月16日

初対面から12年間【人の見方】

先日、興味深い話がありました。

初対面の人に
すごく優しくされたり
めちゃめちゃ誉めてもらったら
どう思いますか?

それについて多かったのは
「嬉しくて自分だけにしてもらっていると思うexclamation
でした。

もちろん、相手が好意的であるのは間違いないと思います。

人には何でもパターンがあるので
とても優しくしたり誉めたりというのは
「その人ならではのコミニュケーション手段のパターン」
という見方もあります。

「自分だけに」ではなく
「その人は、そういうコミュニケーションの人」
が“まずは”正解だと思います。

「他でも同じことをされていたときにガッカリ・・・もうやだ〜(悲しい顔)
なんて話もよく聞きます。
でもそれは、相手が悪いのではありません。

私の場合は
美辞麗句は素直に嬉しいものです。
でも、人を見るのがお仕事ですから
初対面では心地いいか、ウマが合うかくらいしかわかりません。

自分がその時寂しいかどうかの心の状態もありますからね。

本当に自分を好きでいてくれる相手か。
本当に合うか。

12年間。
完全にオープンになれるひとつの単位かもしれません。

いいときは実にたくさんの人が寄って来ます。
でも、誰でも必ず調子の悪いときがあります。

近づかれる時はあらゆる手段を使って来られますが
離れたがられるときは、
体裁よい言葉手段シリーズで体よく離れるものです。
それはそれは語録辞書ができるくらい
それぞれパターンがあります。

それぞれ個々、
いいときも悪いときもワンクールするのが
12年間。


1日も1年も
「12」という単位なんですよね。

12年間振り返って、
同じ顔が残っていたら財産。
増えたらそれこそ宝物ですぴかぴか(新しい)

「この人は私だけにしてくれる」
「私がいないと何もできない」

「あーなんか違った」
「私だけではなかった」


などでバタバタと神経を漏電するより
1日1日を楽しく、楽しい時間を増やし、
長〜〜い付き合いをしていって
将来、かけがえない知人友人を少しずつ増やして欲しいです。

本当にいろんなことがあります。

新人さんが入ってくる時期ですが
目に余る行動をする新人もいれば
誰もに「あなただけ」と取り入ってくる
ちょっとこすいタイプもいます。

もしそういうタイプに出会ったら
躍起になって執着せずに
少しだけ広い視点を持ってみましょう。

どちらのタイプにも違った面の発見があるはず。

100年とは言いませんが
まずは互いに良いところも悪いところもワンクールする
12年間、続くといいですね!


★プライベートはツイッター@a_takeda0320でも
つぶやいているので、遊びに来てくださいね
(はじめたばかりで上手く使えてませんがたらーっ(汗))★


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセラーのひとりごと゚・*:.。. .。.:*・゜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。