2010年06月02日

結局損な「フレネミー」さん


フレネミーって言葉が
メラメラと浸透してきましたね〜〜。

フレネミーとは
フレンド(友達)とエネミー(敵)を合わせた造語とか爆弾
親友のような顔をした、とんでもない敵だそう。

頭の回転が速くて、
特に右脳と左脳を同時に使い分けられる
女性に多いらしい。
(男性にも同じくらいいると思うんだけど)

ある程度の社会的立場が出来てくると
フレネミーさん(味方の顔して立場を利用する人)が
周囲にわらわらと増えてきます。

フレネミーさんが増えてくると
自分がちょっと凄くなったと喜びましょうるんるん

と思うのですが
・・・なんて言ってられないくらい
フレネミーさんにお悩みの人も多いんですよね。

フレネミーさんのチェック法は、
私より上手に書いている人たちが
ネットでたくさんいらっしゃるので
ココでは割愛するとして・・・・

そのチェックにプラスして
一度、自慢話も入れながら、
相手と何時間か会話をしてみるとわかります。

立場の話とか、人脈の話になると
急にフレンドリーになってくる
人、いますよね?

そう。目の前にいる本人より
その人の先にいる
オイシソウな人脈への興味が見え見えの人。

失礼ですよね爆弾

さらに「上に行く」という言葉が頻繁に出る
必要以上に短期上昇志向が強い人。

また
何気に「そこに行って(誰と会って)いいことあった?」などの
言葉を“無意識”に吐く人。

社長業や著名人、その側近などには
常に人脈狙いや、利用しようという人が取り巻いているので
そんなに親しくもないのに名前を使われる場面を見るのは
日常茶飯場。

フレネミー的な人も含めて皆へ平等に与えられるものは与え
「ここぞという大事な場所には紹介しない、一緒に行動しない、
必要以上に動かない」と
距離を保ったお付き合いが上手くなければ
できない職業かも。

それで「な〜んだ、思ったほど使えないじゃん!」ということで
フレネミーさんに自然に離れていってもらえますが

はじめて部下がついたとか
中間管理職などでフレネミーに慣れていない人は、
フレネミー的社員に振り回されて、吸い取られ、
気がついたら悪い噂を立てられて孤立してしまったという
悩みもよく聞きますもうやだ〜(悲しい顔)

フレネミーさんは、自分に有利なコネクションを常に求めているわけです。

上司になると自慢したいことも多々あると思いますが

必要以上に「使われない」ことがコツです。

たとえ、あれもこれもやってあげられるとしても
フレネミーさんには
「さほど使えない」人を演じることですよね。

それで離れていく人はいいではありませんか?

与えていい部分は、フレネミーさんにも全員に与え
大事なところは、信頼できる人だけに守ってください。

嫉妬心とプライドが強く、
自分よりハッピーであることが許せないパンチ
フレネミーさんですから
あまり自分のことを相手に特別に話してしまうと
情報操作されてしまいます。
みんなに話していることだけ平等に話し、
女王(王様)様にしておきましょう。

個人的な付き合いは、やめておくことです。

仕事はある程度利用関係でもあるので、
さほど気にすることではありませんが、
「人間関係が良好かどうか」が
退職理由の第一でもあることは変わらないので
距離を取るのが利口です。

結局、フレネミーさんは損が嫌いなくせに
結局、望んだものがつかめない
一番損
なタイプなんです。

もし自分に思い当たる節があれば改めましょう手(チョキ)


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセラーのひとりごと゚・*:.。. .。.:*・゜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレネミーです。
逆なんです。
一番損したくないものを失わざるを得なかった。気持ちの整理がつかない。

たとえば最愛の子を事故で失ったとします。
過失はありません。不幸です。
お子さんがいるうちが羨ましくなります。でも気を使わせたりすると敬遠されるので抑えます。でも辛くないはずがなく、我慢してるうちに無理しないでと言われ不幸ばなしに。

そのうち

勘違いしたアトバイザーがでてきます。

違う、とバカ正直に反論すれば、
そういう人って○○なんだよね、と
他者を分析する事で自分の地位を確立しようとします。

反論と証明をするには相手の話をよく気いて矛盾をつかみつきつけなければなりません。
敬遠されれば証拠つかめません。スパイですね。

フレネミー状態になるしかありません。

私の場合、何もしていないのに嫉妬から意味不明な要求をされたり、急に無視されたり、根も葉もない噂立てられたり、それで友達づらしてくるので復讐のためにやらざるを得ません。

フレネミーされる方にも問題ある事が多いです。

まず自分が失礼なことしてないか。
相手をフレネミーにしないことも、気遣いだと思います。だれでもなり得るから。
Posted by まりる at 2012年12月24日 16:32
まりるさん。コメントありがとうございます。貴女はとても美しい人かもしれませんね。文章だけを見てもとても聡明な方だと推測します。
とにかく何かが逸脱しているから周囲は貴女が羨ましくてしょうがなくて、気になって仕方ないからあらぬ噂を立てたりするのに、近づいたりするのでしょうね。
大変なことがありながら自分が失礼なことをしていないか向き合うことができるのは素晴らしいです。
ぜひ、今年はフレネミー連鎖を自から断ち切ってみてくださいね。

一生のうち本当に親友と呼べる人が1人いたら幸せです。
たくさんの友人とは言いがたい知り合いに囲まれるより、少数の本当の理解者がいるほうが豊かです。
フレネミーに振り回されずにいきましょう。
そのうち素敵なチームまりるができます。

かざされた正論や反論こそスルっとかわすことができるさらに素敵な女性になってください!
Posted by 武田あかね at 2013年01月07日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151885910

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。