2007年05月30日

面接のコツ【これってワナ??】

これ実際の話。

私のもとに現れた女の子。

とっても緊張しています。
硬く肩をいからせ、笑いもしなければ、額に汗が!

サラリーマン時代を含めて、
私自身、何人のかたとお会いしたでしょう。
このような、緊張を解いてあげるくらいはカンタンです。

つらつらと雑談をして、
彼女の笑顔がキレイになってきた頃・・・

「ところで、今の会社、なんでやめたいの? 」

「えー?武田さんは、知らないんですかぁ〜? 業界で評判悪いんですよーここ」

ではなんで就職したのか聞きたかったけど、
答えにくそうな質問はかわいそうだしな・・・

だからこう言いました。

「確かにねぇ〜・・聞いたことあるかもね、私も♪」

さてさて
そこからは怒涛のように今の会社の悪口が
彼女の口から流れ放題。
あるときは、噴水のごとく激しく
あるときは目からも涙。

一人でしゃべること30分。

さっきの緊張はどこいったやら。

この子は、どこに行っても不満ばかりになるだろうな・・。

「●●ちゃんのことを満足させる会社は少ないでしょうねぇぇ〜」

「いえ・・ちょっと言い過ぎましたが、会社の不満を聞いてもらううちに

上司と不倫しまして・・・


おいおいおいおいおい!!

面接でそんなこと言ってはいけません!

これ、極端な例と思われるでしょうが、
実際、わりとある話なのです。

本音を語ってもらうために、
聞き上手な面接官は五万といるわけです。
誘導尋問のプロみたいな人もいます。

だからといって

「やだなぁ。

その手にまんまとひっかかりそう!

フレンドリーな面接官には要注意! 」


・・というのは語弊があります。

だって

あなたは、
少なくとも過去をより良く変えるために転職するわけでしょう?


イヤだった会社をムリにほめる必要はないですが、
本当にイヤでイヤで仕方なかった部分を
変えられるような会社かどうか、
転職活動中に、情報収集できるはずなんです。


給料が安ければ、高くもらえる店を探せばいいし、
休みが少なければ、休みが多いのが魅力!と、
全面に出している店を選べばいいわけ。

飲食業界は、人間関係も店にいけば大体のことはわかります。
いまは、社長の人柄も求人サイトでこんなにわかりやすくなっています。

イヤだった部分は情報収集のなかで消化させ、
面接官に会えた時点では「確認程度」にして、
不満を持ち込んだりして、ぶつけないこと。



ではまとめ。

今がイヤで仕方ない人の面接のコツ!


1.転職活動中に
過去のイヤなことが消せる店か
どうかを中心に調べて

2.次の店で叶えられそうな、
将来の夢を持参してください。

「じゃあ、なんでやめたのですか?と聞かれたらどう答えればいいの?」

と聞かれますが、
それは追って、じっくりとお話しましょう(^^)♪

とにかく、上に書いたことを実践してみてください。

何が言いたいかというと

逃げるためだけの転職は、

うまくいかないですぞ!


ということ。


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪





posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 10:55| Comment(0) | TrackBack(2) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 15:55

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 03:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。