2007年12月14日

東大法学部卒・しょくぎょうふじん(食業普尽)

ちまたで流行りの貴腐人ではありません。

山本基世


右は、株式会社食業普尽 代表取締役 山本基世さんです。

12月5日、
飲食店それぞれに足りない部分を支援・フォローする会社を設立。
設立日に、弊社を訪れてくださいました♪

彼女は、東大法学部を、超・優秀な成績で卒業された
スーパーウーマン。

弁護士、警察のキャリア組の道を、自らあっさりと捨て、
飲食の世界に飛び込み、数奇な人生を歩まれています。

(弁護士やキャリア組を捨てた理由は、
実際のお姿が火曜サスペンスみたいにカッコ良くなかったからとか・笑
※弁護士さん、キャリア組さん、ゴメンナサイ)

もともと人間に興味があり、コミュニケーションが大好きな山本さん。
「人をシアワセにする仕組みづくり」がしたかったそう。

彼女に最も多く浴びせられる質問は・・

「東大法学部出て、なんで飲食?」

そのような質問が飛び交うくらい、
残念ながら、日本の飲食業界はまだまだレベルが低く見られがち。
そんな現在ですが・・
「デジタルよりアナログのほうが奥が深く、頭を使う」と断言する山本さんが
先導をきり、一気にイメージを変えてくれそうです。

東大在学中も、高額の家庭教師のバイトには興味がなく、
喫茶店をはじめ、お酒ありきのアルバイトまでを経験。
しかも、わざわざ場末の地域を選んだのも
山本さん独自のサービスの定義があるとか。

「プライドはないのですか?」

私の愚問にもあっさり

「プライド? プライドがあるからこそ持ちながら捨てられるわけです。」

実に、なるほど。納得です。

飲食業界で、「自分にしかやれないこと」を見つけ出した山本さん、
その極意は・・?

次回の転職相談内
の、ハッピートークに登場していただきます♪

続き、お楽しみに。


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直、この学校ブランドには私も弱いのですが(笑)、My mixiにも、1名、T大法をご卒業され、同時通訳や書籍翻訳、文筆業でご活躍されている女性がいらっしゃいます。ここからは私の推測ですが、今後一流大学=官僚・大企業幹部というステレオタイプ的構造は徐々に薄れ、ベンチャー企業をめざされたり、活躍する業界も多岐にわたる時代が迫っていると思います。ハーバードを中退してMS起業したゲイツではありませんが。
逆にそうならざるを得ない環境に来ているのかなとも思いますし、10年後の花形産業は予想もしていなかった形になる可能性もありかと。
Posted by JEC at 2007年12月14日 13:30
JECさま>コメントありがとうございます♪
私もこのブランドに弱いのです〜。
自分がひっくりかえってもかなわなかった(叶えようという発想もなかった・汗)ブランドでございます。
10年先の花形産業がサービス業になっている気がする武田です。人本来の心がそうさせる気がしたり(^_-)
Posted by 武田あかね at 2007年12月21日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。