2007年12月14日

トゥールダルジャンの日本初フラッグシップブティックOPEN!

1582年に創業、400年の歴史を誇るトゥールダルジャン。

パリ本店は、アンリ3世やルイ14世、ロシア皇帝など、
各国の王侯貴族に愛されてきた、美食の館として名高い名店です。

12月11日、代官山旧山の手通りに、
日本初のフラッグシップ・ブティックとなる
「Les Comptoirs de la Tour d'Argent(レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン)」
がオープンしました。
エントランス

ホスピタリティ・食・ワイン、すべてが最上級のブティックです。

前日、プレスレセプションに行ってまいりました。

ウェルカムで振舞われたトゥールダルジャンシャンパーニュ・・・
禁酒ですっかりお酒の抜けた体が目を覚ますほど、
美味でございます。

ホスピタリティあふれるスタッフ様各位にご案内いただいた
2階の“Les Cave de la Tour d’Argent(レ・カーブ・ド・ラ・トゥールダルジャン)”
は、1,000アイテム・1万本以上のワインを保有されている
国内で最もプレステージなワインセラー!

世界中から集めたワインセレクションは、
パリ本店で20年以上、シェフ・ソムリエとして従事し、
フランス国内でも著名なデビッド・リッジウェイが監修されたものです。

奥にはロマネコンティDRCなどのお宝も豊富。

「ボトルの中に車が一台入っております」
品良きジョークが飛ぶほどの高価なワインが粛々と。

一階は、レストランのみでしか味わえなかった最も著名な料理のひとつ
「フォアグラ・トロアザンプラー」をはじめ、厳選されたチョコレート、クッキー、紅茶、ジャムのファインフードが宝石ごとく並べられてます。

紅茶を贈ることの多い私は釘付け!
一品一品、説明してくださったスタッフ様、ありがとうございました。

こちら右の素敵な女性が、店長さん(ブティックマネジャー)
photo02.jpg
井上仁美さん(右)です。

さすがに最上級のホスピタリティと誉れ高きお店のブティックマネジャー!
多忙に動き回られる中で、私の愚問にも終始笑顔で接してくださいました。

「若い女性に愛されるお店を目指しています」と井上仁美ブティックマネジャー。

世界で名高い老舗の高級フレンチレストランのステイタスが
若い女性たちにも楽しめるように開放された
初めての扉かもしれません。

最後に、アンドレ・テラーユ社長にご挨拶ができました。
27歳という若さで、なんという気品でしょう・・
あまりの美しさにウットリ。
イメージモデルなど必要ありませんね。
ご挨拶のあと、ツーショットに応えていただけました。
レセプション1


いつか就職のチャンスが訪れるかもしれません。
世界のステージで活躍したい飲食人のみなさま、
とことんホスピタリティを磨いておきましょう!


ラ トゥールダルジャン ホールディング株式会社関連記事


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人は・・



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いお店ですね。400年の歴史。日本で400年前というと、1607年。この頃からある老舗の料理屋って現存するのでしょうか?江戸時代の居酒屋のはしりは、一説によると、いまの酒屋のようなところへ、客がつまみを持ち込み可だったらしいですが、そのうち、酒屋のほうで、出すようになったようです。欧州はでも、格式が別格ってかんじでしょうか?
Posted by JEC at 2007年12月14日 20:26
はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログの記事、拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

是非、訪問していただければと思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

12月より会員様のお知らせを告知できる
ページ、専用メール、bbsも開始致しました。
最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz
Posted by kitajima at 2007年12月20日 16:06
JECさま>コメントありがとうございます♪
さすがお詳しい!そういえば日本はレストランなどなかったですよね。身分の高いかたは絶対に家で食事していましたよねぇ。
ステイタスある飲食店が出てきたのは、欧州よりかなり後ですもの。
弊社の上席カウンセラーよつもとしんいちは「飲食なんでも博士」なので、どこかで回答してもらいます♪
Posted by 武田あかね at 2007年12月21日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。