2008年04月22日

チーム「プラス」6パーセント(?!)

超オンナ磨きの題名にひかれ
「どんだけ〜♪」と言いながら読み漁ったIKKOさんの本。

死ぬほど好きな人と、このシチュエーションごっこをして「みたい」(笑)と
思った究極の愛の小説、愛の流刑地のTVドラマ版揺れるハート

etc etc etc…

書けば今日のブログがいっぱいになるため割愛しますが、
ドラマ、バラエティ企画から、出版プロデューサーとしても数々の著名人を世に送り出している
放送作家「わぐりたかし」さん←クリック♪が、遊びに来てくださいました♪

“語源ハンター”としても活躍されています。

わぐり先生と2.jpg

※撮るなら、今後はバックの風景を考えたいものね・・・(ここは弊社ですあせあせ(飛び散る汗))

わぐりたかしさんは、食と食メディアに関わるジャーナリストの交流会「日本フードジャーナリスト会議」←クリック♪ 代表でもあり、飲食業界の抜本底上げを強力に応援してくださる お・か・た。

なんと素晴らしいおかたが飲食業界を応援してくださっているのでしょう!

過去記事の登場人物の顔ぶれを見ても、
このブログをいつか「徹子の部屋」みたいにするのはどうかなと
ほくそ笑んでおる武田です(笑)
トゥ〜ルル、ルルル、トゥ〜ルル、ルルル♪トゥ〜ルールールール〜♪

さて、わぐりたかしさんの最近のプロジェクト

「チームプラス6%」

誰でも「チームマイナス6%」はご存知かと思いますが、
「プラス」もこれまた凄い!

一体何かと言いますと
食料自給率を6パーセントアップするというもの。

今、農家には夢がありません・・。
というか夢が地中に埋もれちゃっています。
野球では「イチロー」のようにどの世界にもスターがいるから
目指すイメージができるけれど、
スター不在の世界に夢を抱こうにも、抱けないわけ。

作る人がいなければ始まらない!

わぐりたかしさんは、作り人のレベルアップも織り込み
日本の農林水産業からスターを出そう!と、いうお考え♪

・・・これは、暇ネタのスター誕生ではなく・・・

たとえば、食材のカリスマが出てきて、
ナスビの奥深さを世に知らしめれば、
“ナスビ匠職人”などと銘打つスターが脚光を浴び、
結果、もっと良いナスビが皆さんの口に入るかもしれないでしょ?

実際、日本では良いものも消えているのです。
わぐりさんいわく、良いものは勝手に残るのではなく、
「残そうと思わないと残らない」
ということなのです。

実際、地方で全国から集まる行列ができる素材重視の店などは、
アイドルタイムに農家の方が集まって
積極的に情報交換をされているとか。

わざわざ遠方の素材の良い店にお客様が足を運ぶなんて
素晴らしい現象!
「素材ミシュラン」のほうが世のため体のためになるかと
私個人では思っているわけですが。

まぁ〜良いものは地方に埋もれています。

誰が発掘して、世に出すか。

結果、食材レベルがあがり、みなさんに還元されていきますよ♪

チームマイナス6%も、チームプラス6%も、
「生活を見直す」根本は同じ。

わぐりさんが

「食材の世界遺産」を残していくために
立ち上げられた、チームプラス6%!

食材が命のアラン・デュカス氏が第一人者として活躍される日も近い?

あと、4月29日にわぐりさんの企画で出版される「ジュセリーノの予言」の話から、わぐりさんに今後の地震について耳打ち話をいただきました♪
ここではナイショですが、武田的には嬉しい内容でしたよん♪


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。