2008年06月03日

オンナをどこまで知ってる?

みなさん「オンナ」という生き物をどこまで知ってますか?

男性と話していると面白いのは、
ものすごいロマンをもってらっしゃることぴかぴか(新しい)

特に恋愛では、過去の恋人は美化され、
「俺だけのものだった幻想」
盛り上がってらっしゃいます。

おめでたくて、涙がちょちょ切れます(←これ知ってる?)

男性の作詞家さんが書いた歌詞も「願望でしょ?」と思うものの
オンパレード。

そう! 現実は!!

残念ながら女同士の会話や相談には、殆ど過去の話は出てきません。

そう。パソコンに例えると
男はそれぞれに「名前をつけて保存」をしますが
オンナは完璧「上書き保存」できちゃうのです。

損だと思ったら、リセットして他に転身していける女脳は
恐ろしくもあり、まぁ〜〜〜見事で美しい!ぴかぴか(新しい)

予備として、
感情のなくなった男には適当なことが言える恐ろしい「口」キスマーク
何かあったら自己防衛できる「涙」たらーっ(汗)という武器も持ち合わせています。

また、損な相手をあっさり捨て、脳内リセットする前に
得をしそうな相手を「お試し」できる人まで増殖中でもあり・・
医学から経済から、何からなにまで発展しすぎた結果でしょうかあせあせ(飛び散る汗)
優秀な子供を残したい本能がそうさせているのねん・・

子供ができるとエイリアン化してパワーアップ!パンチ

とにかく、男と女は、犬と鳥くらい違います。

※男の人に言うと必ず「そんなオンナばかりじゃない!」と
ロマン的反論の嵐にあいますが、覚悟の上です(笑)

【独り言→】でも・・男が考える女を喜ばせる方法って、中華が食べたいって言っているのに和食が出てくるようなものよ♪

そんな「オンナ」と楽しく働き、共存共栄で
素晴らしい組織を作っていく方法を
産経新聞メディックスココだけの話の「連載7回目」
に書きました。
産経メディックス2.jpg

近日アップです!

とことん幻滅してください(笑)
でも、そんなオンナの実態の全てを愛せる貴方こそモテるし、成功しますよ♪

脳内性別診断では「男脳」寄りだった私はオンナよりはロマン派かもね。
でも女だから、オンナの恐ろしさを知っているゆえがく〜(落胆した顔)
そんなことにこだわるよりは
昔からその場楽しく、良い時間を過ごすことが好きです(笑)

・・・と思っていても、一生でたった一人だけでいいから、
いつかロマンは実現したいものですねぇぇえぇぇぇ♪黒ハート


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。