2008年09月09日

今一番コワイのは?

大事な用件もメールメールではじまり
メールmail toで完結することが多くなっています。

私たちが就職した頃は
ネットやメールはもちろんありませんでした。

電話だけでも失礼なので、
顔を見て、話をするために毎日走り回っていましたが、
最近は、電話や対面ってもしかして迷惑?・・と思うような時代。

こんな当たり前が呼ぶ落とし穴。

地震や竜巻も恐ろしいけれど、
一番恐ろしいのは・・人間かもしれません。

今回は、詐欺をはじめ、逆恨みがどこに向かうのか。
ちょっと怖い本当の話
産経新聞メディックス人材採用ココだけの話10回目で語っています。

ぜひ、見てくださいね!るんるん

さてメールといえば文章。

ニュアンスは口頭より文章のほうがキツク感じるわけで、
絵文字が使えないiphoneの売れ行きはイマイチだそうですが
確かに絵文字は、内容を和らげる効果があります。

今こそ、差をつけるメール術をひとつ。

少し前はケータイのメールは即レスが当たり前で
それこそケータイらしい役目を果たしていましたが、
最近「自分に都合の良い内容以外は、PC並みに返信が遅い!」という話をよく聞きます。

私もそれは感じていました。特に若い人です。

知人で「ケータイは即レスが基本、目上の人には必ず目下の自分で締めくくる」ことを徹底していた人がいました。(もちろん内容にもよりますが・・)
その人の真心マナーは一事が万事、周囲も私も異常に可愛がった記憶があります(笑)

私はそのあたりにとてもうるさいので、
指導してきた人間には
@可能な限り早いレス
A最後は目下のほうが締めくくること
BRe:そのままで送らず件名を書き直す
C目上に時間を作ってもらったお礼メール
を徹底しています。

そういった習慣は、自然と目上から大切にされ
社会に出て10年目くらいに、同期と大きな差がついて
大活躍しているので嬉しいです。

目上に対してもレスが遅く、聞きたい用件だけで済ませ、
目上側に締めくくらせるのは、内容がいかにバカ丁寧でも、
案外失礼なものですよん。

バカ丁寧で、社交辞令やお世辞を並べ立てたメールを一本送るより
最後に「ありがとうございます」
「心より楽しみにしています」
みたいに実に簡単な一行で良いので“目下の自分が締めくくる”と百倍感じが良いものですぴかぴか(新しい)

さて、次回は今年最後の三ヶ月でこの一年を良い年にするために
ちょっと「メサイア・コンプレックス」についてお話したいと思います。

映画のような“あの頃の私はもういないの”
なーんていう台詞は本当はかなりおかしいのです。

すぐリセットしたり、ムリヤリ頑張るのも実は「変」なんですよね。

人の役に立ちたい・人を助けたい真心は大切ですが、
過剰で犠牲的になると、どこから来ている感情なのか見直す必要があります。
新興宗教の信者さんの勧誘をはじめ、それに近いものに出会うたびに
感じてきたことですが。

さて。更新がんばろ(笑)


============================
★私たちは、飲食業界を極めた方々の生き様を取材しています。★
「星の瞬くレストラン」(星を獲得したレストランを率いた人たち)


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪







posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

怒っています。暴言御免!

いきなりですが

ナメとんのかーー!!

・・暴言・・失礼しましたたらーっ(汗)


今年の夏休みは
心配と心労で精神休まる暇がありませんでしたたらーっ(汗)

このストレスを緩和するために
堤真一さん揺れるハートの「やまとなでしこ」を
全巻見て徹夜です(笑)

・・それでもおさまらない!爆弾

人手不足、人手不足といいながら
企業側って一体
「何考えてんねん!」

私の元に来るクレームは圧倒的に求職者側の生声。

いまのところありがたいことにyahooで「転職相談」と
検索してもらうと・・私のコーナーがぴかぴか(新しい)一位ぴかぴか(新しい)に輝いているので、貴重な「生の声」をい〜っぱい聞くことができます♪

いんしょくハイパー
登録してらっしゃる方には過去のメルマガに詳しい内容を書いてますが、やる気一杯の20代の人材を、いい大人が数名で、言葉の暴力を使って退職に追い込んだ事件がありました爆弾

本人は恐さとショックで、すっかり自信を喪失し
とうとう睡眠と食事障害に陥ってしまいました。

内容が事細かにメールに書かれていましたが

ひど・・

「もし話す機会があれば私の代わりに伝えてください」と
その社長宛のメールがありました。
「私に限らず、可能性のある人を潰さないでください。育てるということはある程度時間がかかることです」

そして最後に・・

「私は、みんなやめたいって言ってるような、あんな会社の社長が好きでした。私だけでも、ついていこうと思ってました。」

・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

渡すまでもありませんexclamation

わたくし、ま・じ・め・に!
働きやすい会社の基準を表に出して、評価し、公開し、
選定していきたいと考えていますパンチ

せっかく、飲食業界を元気にしようと頑張る様々な組織に
広報委員などで所属させていただいているので
マスコミさんにもご協力いただいてハートたち(複数ハート)

芸能裏話ブログのように、堂々とスキャンダルを出そうかしらexclamation×2

レベルって何でしょう・・?
知っている方、いらっしゃいますか?

人を大事にしない会社のレベルが上がるわけないじゃん!

私の元にある“秘蔵!辞退者リスト”を見ても
俗に言う「腕の良い」人は、会社の名前を出した時点で殆どが辞退。
「友人がもめたことがある」「せこい」「設備が悪い」
「社長が最悪」「実は認可が降りていない」
などの
裏話が回ってますから。

さらに、面談しながらも責任を他人に転化するとしたら、
もう、黙ってはいられませんね。
 
人手不足と言いながら、
これ以上、飲食業界から引退者を増やすのか!と
わたくし、かなりのレベルで怒りを感じています。

ミシュランのように働きやすい会社の評価は絶対に必要ね。

世界一のサービスと噂される一流ホテルで
料理長クラスまで努められたAさんは、
今や、業界上層部なら誰でも知る世界的な凄腕です。
でも・・一度若い頃にとある日本のホテルで「才能がない」
何年も下働きをさせられ、一度は業界を引退する決意をされたそうです。

でも、あの♪ソフトクリームも売れに売れている某有名大手会社の社長が彼に何度でもチャンスを与え、ある時期からメキメキ頭角を現されたのです。

マインドは才能ぴかぴか(新しい) 若い力は業界の宝物ぴかぴか(新しい)
それがわからない会社は、結果的に痛い思いをするだけです。
そんな会社に限って、可能性を秘めた若い人に「結果が全て」
なんて野暮なことを、言うのでしょう。

もし、結果が出るとしたら、業界で人材採用で悪い噂がある飲食店は、ミシュラン獲得などは絶対に無理でしょう。

★私たちは、この業界を極めた方々の生き様を取材しています。★
 ひらめき「星の瞬くレストラン」(星を獲得したレストランで柱になっている飲食人が対象です)ひらめき


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 02:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

オンオフ

もう八月も後半ですね。
お盆はいかがでしたか?

私は閑散とした東京でオリンピックを見て過ごしました。

この時期、冷たいビシソワーズが大好きです。

冷蔵庫にいきなり大好きなそれがあったり
有機無農薬の冷たいほうじ茶があると
とても幸せで・・・
って、わけわかんない話題ですが(^^;

こんなわけわかんない話題でも
自分探しのきっかけとして
意味深に、深読みして(笑)
このブログを読んでくださると
役に立てるかもしれないので、嬉しいです(笑)

心理学を聞きかじって長いですが、
最近は自分のインナーチャイルドというものが
無邪気に喜んでいる気がします♪

誰にでもいるらしいインナーチャイルド
「本当の自分(幼少期に感じたままの自分)」
それはびっくりするほど感受性が高く、
天真爛漫なものだったりします。

厳密に言えば、老後にまで持ち越す課題かもしれませんが、
本当の自分、自分の本音は、最も大事にしたいものです。

これはより良い人生を送るには大事なこと。

このお盆休みはオリンピックの他に、
クライマーズハイをはじめ、
三丁目の夕日や、舞妓haaaa〜n!を見てました。
わざとか偶然か、堤真一さんが出ているものばかりでした(笑)

来週からお仕事・オン・モードです。
年齢とともに
オンオフの切り替えがお見事になってくるようです。

40過ぎると、何かと肩の荷物が取れてくるものですよん。

不思議と背負っているものが多い割にはフツーなんです。


素敵な週明けをるんるん


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

遠まわり的転職

最近の労基署は今まで例がないくらい忙しいみたいですね。
ライン作業のごとく、相談内容は同じようなものばかりだとか。

世の中には、従業員を守る法律ばかりが誕生しています。

こんなことが続くと、
心や気持ちで語り合うぴかぴか(新しい)・・なーんていう路線を大きく外れ、
関係が契約のみでガチガチに固められたものになりそうです。

例えば・・会社で残業したら不法滞在になるとか(笑)
こんな冗談のような話もマジで本当になるかもしれないのよねあせあせ(飛び散る汗)

または病気。
最近は、3人に1人などと言われ
誰でもなる可能性がある「欝」ですが、
病気の種類や通院歴の有無となると線引きが微妙。

欝だーー病院だーーと大騒ぎをしていると思ったら
飲んでいる薬が市販の睡眠導入剤だったこともありました。

友人であるプロのセラピストにじっくり聞いたら
こんな答えが返ってきました。

欝にも仮面欝だの躁鬱だの欝状態などいろんな種類が増えている。
落ち込んでたからクリニックへ相談に行って
安定剤を何度かもらっただけでも通院になるのかどうか?
欝であることは当然隠したがるが仲良くなった人には話すもの。
もし本当に欝が過去であるなら
それは「鬱状態」だった可能性が高いから大きな問題ではなく
問題は現在でも通院しているのかどうか。


なるほどです。
健康診断みたいにチェックシートにも書きづらいですね。

これに関する法律exclamationのことをお話するとわけがわからなくなる
(というか人として悲しくなるので)ここでは割愛します。

現在、薬を飲んでいる人ならば目目を見れば予測が
つくこともありますが、欝の判読は基本的に不可能です。

とにかく転職の場合、カウンセラーにまで隠すより
一応は、相談しておいたほうが後がスムーズです。
欝に理解ある会社はあります。
無理をせず、現在の精神状態にあったポジションが
長く続けられるし、一番幸せなのですからね。

私は人の心の中はわかりません。
だから話を聞くのだと思います。

心理学者やカウンセラーであればあるほど
人の心はわからないことを知っているのではないでしょうか?

目の前にあった事実だけが事実。
だから、事実を曲げたり隠したりする分、
転職の成功は遠回りが待っていると思います。

そんなこんなを入れながら
「困った求職者と、紹介できない経営者」
について私の実体験を織り交ぜながら
産経新聞メディックス人材採用ココだけの話 第9回で語ります

近日、アップ! お楽しみに。



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

どこまで見られる面接!

魔の一時間、意外なところに落とし穴が隠れまくり。

たまに想定外なところで
悔やんでも悔やみきれない場面に出会うことがあります。

私でも、目の奥の動き目だけでなく、手の動き手(グー)手(パー)はもちろん、
ちょっとした言動キスマークから体の角度まで見ているくらいだから
敏腕面接官であれば、その比ではありませんね。

カウンセラーはその場で注意もしますが、
面接官はあなたを絶対に否定しないかわりに、一回のチャンスを
ものにできない人には、一回限りのお付き合いです。

なんとも優しそうで、よく話を聞いてくれる
ものわかりの良さそうな面接官!揺れるハート
・・・・・だったとしても・・・

人事の仕事は相手を過大評価をするようでは勤まらないオシゴト。
非常に冷静な目で見られていますよ。

会って話をして、どんどんマイナスポイントをつけられ、
残った点数で合否を決められると言っても嘘ではないかも。

ペンや体のあちこちを触り出したり、ボリボリ掻く行動が出てくると
短気、キレやすい(?)などと評価表に書かれているかもしれません。
“キレやすそう”は、病んでそうと匹敵するくらい、
不採用原因ではベスト10に入ります。

たまに抜き打ちで筆記試験ペンをする会社があります。
試験内容は、職種によって計数管理計算であったり、
一般常識であったり様々ですが、
試験結果は別として、試験途中に漢字がわからなくて
ケータイで確認したことが原因で不採用
になった人がいました。

ああっ! もったいない!あせあせ(飛び散る汗)
もう・・ショックが隠しきれません(涙)

「試験態度」=「接客態度」ということなのですね。

また、志望動機に「●●さんに薦められた」と書くこと。
私の名前が書かれたりすると、個人的には信頼されてとても嬉しいですが、
企業としては、自分の意志がないということで、完全NGですもうやだ〜(悲しい顔)

そして、最近思うことですが、
特に30代の人が、まるで人を見抜くような発言をされることがあります。

30代で素人がヒトを見抜ける〜〜〜???パンチ

あなたが面接官を「こんな人だから、こう出る」と判断するには10年早い!

とにかく誠実に、気を引き締めてかかる時間にしてください。
大体、1時間くらいのことですから、その間が引き締められないこと自体が
問題なのです。


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

採用したくなるランキング

就職希望者がもっていたら
採用したくなるランキング
(gooランキング)
によると・・・

1位 パソコンに関連する資格
2位 英語に関連する資格
3位 英語(翻訳・通訳)に関連する資格
4位 税に関連する資格
5位 簿記の資格

らしいでございます m(__)m

これを飲食業界に置き換えるとるんるん(武田の勝手な独断)

1位 資格じゃないけど「人好き」資質
2位 資格じゃないけど「気がつく」資質
3位 調理・食品に関する資格(調理師など)※一般職では18位
4位 英語に関する資格 ※一般職では2位
5位 衛生管理に関する資格 ※一般職では17位


1位、2位は資格ではないので、対比に無理があるようですが(笑)
まずは絶対に「人が好き」でなければ、サービス業では必ず能力に限界が出ます。
もともと人が好きではない・興味をもてない人が一生懸命頑張っても、ことサービス業ではトップクラスは狙えないかもしれません。
これは営業職も一緒ですがね。

そして採用側が見分ける方法ですが

・メールよりも電話を利用するかどうか
・休日の遊び方
・趣味

などを参考に聞いてみると「人好き」がわかると思います。

カンタンです。

特に、最近はメールでのコミュニケーションが主になっていますので
一番わかりやすいかもしれません。
こんな時代でも、主に電話を利用し、人と会いたがる人は
やっぱり人好きです。

私の知る限りでは、調理師側でも人好きが多いです。
特に、浮気性で熱しやすく冷めやすい人がトップ料理人になれるなんて理にかなった説もありますけど(笑)
(※旬の食材の良さに惚れ、次々と惚れる対象の食材が変わり
都度、夢中になれる性格が向きとか)

あとは、「気づき」が本当に重要。
鈍感で、自己中、空気が察知できないKYさんも伸び悩みします。

この見分け方も
カンタンです。

一時間ほど話していて「疲れない」「イライラしない」「エッ?と感じない」
この3点でしょう。

波長ではなく「チャンネル」を合わせるのはあくまで就職希望者のほう。
採用側の飛んだ質問にも合わせられ、疲れさせない回答をする人が◎

気が利いて、疲れさせない人・・いいですね♪揺れるハート
そういう人は仕事はもちろんプライベートでも、
誰もがいつも一緒にいたいと思うだろうし、
どこでも連れて行きたくなるでしょうね〜(うっとり♪)

これは私が飲食業界を外からみた感覚での独断なので、
企業それぞれの「採用したくなる資格(タイプ)ランキング」を
作ってみるといいですね。
特に、飲食は資格より資質重視でしょう。

何を大切にされている会社か、よくわかると思います♪


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

鬱病わらわら

ちょっと多すぎ。親から子供まで。

学校でも会社でも、実は「鬱」対策が大変なのです。
「鬱診断試験」はうちの会社でも進化が激しく、精密化しています。

TVをつけても、芸能人「鬱」カミングアウトや、
急な自殺など衝撃的なニュースの多さったら。

なにもかもが複雑多様。
師が不在。
限りなく拘束。
限りなく自由。
文字コミュニケーション主流。
人間関係が希薄。
etc…etc…

病みやすい時代ですよね。
 
今日は、いわゆる“強い人”について。

【症状1】 心が潰れそうになりながら、仕事以外でもまったく普通に振舞おうとする。

【症状2】 「辛さを我慢する私の中の弱さをわかって欲しい」とばかりに
辛さを小出しにしながら、「でも強いから大丈夫!」と、のたまう。

私が勝手に思うことですが、もっと弱くていいんじゃないの?

辛さに一生懸命フタをして頑張っている“強い人”には申し訳ないですが、私自身はそういう人が嫌い・・というより、その人のことが、記憶に残らないのです。

なぜかしらね?

相手に何かしら、別の邪推な目的があるなら、
そんなあなたをわかろうと演技してもらえるかもしれませんが
普通は伝わるのかなぁ・・?? かなり疑問です。

「辛そうな感じだけど、元気そうだから、大丈夫そう」
そうそうそうそうそうそうそうそう(推測の嵐)
そして、周囲には、さらなる依存症が大集合!でしょ?

誰でも一生懸命生きていたら、何も手につかないほど大変な時期があります。
そんなときは、必要最低限のこと以外、本当に何もできないのです。
どこかで元気そうに見せるより、辛い自分をきちんと伝えられるほうが、本当の温かさにつつまれ、必要な人から大切にされる気がします。

特に女性は、本当の強さを身につけるために、守られていていいのです。

京都の花街で、「美しい女(ひと)ぴかぴか(新しい)」を表現するときに

“人に添い、物に添い”
という言葉があります。

強靭な精神力の女性が集まる花街パンチ
なぜ、それが「美」なのか、ここで気がつかれた方も多いかと思います。

私自身も、文字コミュニケーション時代の寂しさや、難しさを感じています。

即、精神論や、人間同士で解決することが難しいこともありますよね。

日ごろから、身近なことで鬱を遠ざける習慣をつけたいものです。

 ・陽光は、1日30分以上であなたを楽にします。晴れ
 ・ぬるめの半身欲は効果があります。いい気分(温泉)
 ・サウナに入れる人はそれだけで才能。サウナと水風呂を繰り返します。いい気分(温泉)
 ・腹式呼吸で息を吐くときに、「嫌なことが抜ける」イメージをすると抜けていきます。ダッシュ(走り出すさま)
 ・いつもお腹や足を暖めてください。いい気分(温泉)
 ・人の手が触れる、マッサージをしてもらうことは効果的です。手(パー)
 ・お肉を食べて、脳に欠乏したセレトニンを補給してあげましょう。レストラン

 体を温め、欠乏する栄養を摂り入れ、体のメカニズムを知るといいですよ。
 
あ、 鬱を予防するメニュー開発、シェフのみなさまにやっていただきたいものですね♪


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

大学4年生の3月に就職活動?

さて、
産経新聞メディックス「フードサービスオンライン」
私の第五回連載
がアップされました♪

今回は、 「エッ! 4年生の3月に就職活動〜?」
新卒採用の常識、変貌中! 

というちょっと長めの題名でございますひらめき

人事のかた、採用の釣り糸を垂れる時期が変わりますぞ♪

中小企業の方には、特にチャンスですぴかぴか(新しい)

「残り物に福がある」を残り物と言わぬ時代が到来するなんて!

バナーまで素敵に作っていただき感激でするんるん

バナー.gif

少子化ゆえ、親は子に依存して、
大切に期待して育てた結果、
自分の強いところがわからない若者が増えました。

社長様や人事の方は、この記事を読んでいたただき、
どうか個人の強みを発掘し、伸ばしてあげて欲しいと思います。


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪




posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

否定されないお育ち(?)

ある某・私立大学教授の嘆き。

「最近の学生は、少子化時代に育ったでしょ?
親に大事にされ、そして期待をかけられて育ったんだよね。
それが全然良い方向に行かない」


・・どういうことかと聞くと・・

「レギュラーから外せば、親が出てきて“先生が悪い”とくる。
就職先を薦めて半年なんかで退職すれば、また親が出てきて
“先生が「そんな会社」さえ薦めさえしなければ、
うちの子は、もっと良い会社に行けたのに!”なんて、
まぁ、理不尽な理屈をつけては教授のせいにする!
最近の大学教授なんて、かわいそうなもんだよ・・・」


これが大学にまで台頭する
恐ろしいモンスターペアレントの実態です猫

どこでも「否定しない」ことを奨励していますが、
“それだけで育っちゃったらこうなった”という実例が増えて
困ったものです。

親だからこそ叱ることができ、ある部分が全然ダメでも、
親だからこそわかる、強く認めてあげられる分野があったのに、
今の親は子供に依存していて「良いも悪いも」口にしません。

それが原因か、効果的な採用時期に、とある大きな変化が!

残り物はただの残り物ではなく、本物の実と福をもたらします。
人事がゆったりと釣り糸を垂れるべき時期が
変わって来はじめたのです。

どう関係があるの?と思われるでしょうが・・

この続きは、今月、近々アップされる
産経新聞メディックス・フードサービスオンライン
「人材採用ココだけの話」連載5回目で語ります!
中旬くらいのアップかしら・・? 読んでね♪

どこからも否定されない分、主義主張が強くなりました。
KYという言葉も流行りました。
場も読まず、コトの真意も無視して、
自己防衛、さらに最悪は“自己アピールのため”に
堂々と主観フィルターのかかった意見を述べ、
結果、人を否定する人が出てきています。
「嘘ついてないからいいじゃない」みたいな正論を武器に。

私はあまり好きではありません。

自分で気づき、根本を変える気にならなければ、
そういう人は変わりませんね。

結局、一番欲しがられるのは、素直・誠実・単純。
八方美人ではなく、絶対的に自分の味方。
組織でも、個人でも、大事にされます。

私は本気のイエスマンは成功者になる才能だと思うのです。

その人が好きだから絶対exclamationというのが存在しても良いと思います。
人は一人で成長しているつもりでも、必ず誰かの引きがあり、
誰かの協力があって、後押しがあってのものですから。
「犬みたい・・犬」という周囲の声に負けず、
頑張って欲しいものだと思います。

かくゆう私の理想も、最近で言えば
犬と私の10の約束の「ソックス」と
赤と黒の「フーケ」かな(笑)
うん。ちょっと私の親友に似ているかもしれません揺れるハート


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

あなたの経歴書にストーリー性を

最近、1日の1/3は、誰かの職務経歴書に手を入れています。

会ったり、電話で取材したり。

みなさん、はじめは自信なさげですが、
意外と、何でも正直に話してくれます。

一見、転職回数が多い人でも、
いろんな業界を渡り歩いていても、
みなさんそれなりのステップアップの理由があるんです。
全てが、身になり、財産となっていて、ちゃ〜んと現在に繋がっています。

● 人のツテを頼ってばかりの転職に見えた履歴書。
違いました。人を大切にし、人に感謝の気持ちを忘れないから、
信頼されていて、ツテや紹介の話が多かったわけです。

● 精神的に弱そうに見える履歴書。「真面目だから、心身壊す」とのこと。
いえいえ。その人は真面目が一番のPRポイント。
今まではその真面目さを利用する人が多かったわけ。
そりゃそうでしょ。
人手不足だからね。
ラクしたい人ほどそういう部分に鼻が効き、
真面目な人をターゲットにこき使います。

でも、その「真面目」に価値をつける人が必ずいて・・
良い方向に導いてくれる社長さんがいましたぴかぴか(新しい)

私たちはどんな角度で見せていくか、だけです。

私はこんな仕事をやっていますが、
いろいろな方の経歴を聞けば聞くほど
尊敬してやみません。

自分がいかにテキトーな人生を送っているか、
思い知らされます。

私ならば安全圏にいることはできても、
世間体を気にしないことはできなかった。
その分、正直ではない部分で
単に「渡り歩いて」いたかもしれません。

転職が多くても、学歴がなくても、
「好きなことを見つけてやりがいを持ちたい!!」
「好きなことを見つけて、やり遂げる!!」
そのために自分を探し、
転びながらも必死でステップアップしている人に
かなうはずありません。

経歴の見せ方、大切です。

「飲食業界は、一般の履歴書ではアピールできない」
そんなことを、信州大の茂木教授とお話していたことがあります。

私への相談者には、一般的な履歴書を廃止しようかと思います。

ストーリーをつけた経歴は、
出来上がるとその人の「自分史」みたいになります。

本人がコンプレックスに思っていた部分は、実は良い部分だったとか、
その人自身にも、いろんな発見があります。

毎日、いろんな人の経歴書にストーリーをつけながら、
自分の生き方を反省しています。

今日いただいたメールの中に、

「誰かの真似とかではなくて、自分が本当に欲しいものがやっとわかってきて、自分なりのヴィジョンが出来つつあるという感じ。
ずっと誰かの背中見て走ってたんだよね。
でもそれはちょっと違うような気がしてきていてね。
だから僕は僕のヴィジョンをちゃんと作る必要があるし、そうしなければスタッフは結局は納得しないと思う。
自分が欲しいものがやっと色々と見えてきて、僕はそれに向かえばいいだけなんだと。
目標としていた人を追い越したい。でもそれは規模の問題でもない。
心なのかな。」


というものがあり、心を打たれました。

嘘のない「オリジナルな生き方」に気づいた人には適わないですね。

そんな生き方をしてきた人の経歴は
どんな波乱万丈でも光るぴかぴか(新しい)ものです。


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

イマドキ成金。お金欲しい人は必見。

日本の経済界、なんだかチマチマしていませんか?
このままでは、社長に憧れる人がいなくなってしまう
危機感バリバリですたらーっ(汗)

そんな中、ビバリーヒルズ親善大使のかたから
突然、連絡をいただきましたぴかぴか(新しい)
チマチマ中のチマチマな私のことを知っていただいただけでも
光栄です揺れるハート

今ロスと言えば、ロス疑惑むかっ(怒り)が頭に浮かぶのがトップでは?
そんな悲しい頭脳構造を覆す、素敵なお話です。

日本食の代表といえば、「寿司」
いま、ロスではメルセデスを乗りまわし、
堂々と豪邸に住まう
“寿司成金”が続々誕生しているとかぴかぴか(新しい)
 
なんと、日系新聞の人材募集欄の

8割は「寿司マン募集」exclamation


全米で1万店舗と言われる寿司屋は、これからもどんどん増えます。
給料も、チップ込みで5000ドルももらえるとか!
いきなり50万円ですよ。

すし職人って、国際的技術なんですよね!

アメリカに行ってみませんか?
腕一本で、語学力などいりません。
英語学びたいひと、日本で英語の勉強するより、
寿司の握り方を勉強して、
語学力もお金も一挙両得
手に入れたほうが、人生充実するかも?(笑)

また、嬉しいことに、
アメリカでは、日本みたいに40歳以上が
就職難になることがないそうです。
そういうこと自体が差別でタブーだそうなんです!

さらに、その上の年代でもたくさんの需要があるとか。
日本の経営者のかた、どうか、見習ってくださいヨあせあせ(飛び散る汗)

あとは、VISAの問題!
いつもこれが邪魔するのです…
どなたか、クリアできる方法をご存知ないですか?

もしなんらかの方法をお知りであれば、ご一報くださいね。
(コメントは、ひとこと「非公開希望」と書いていただければ、公開しません手(チョキ))


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 15:17| Comment(1) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

イケメン・美女と面接の定理

誰がみても、美人やイケメンな人の
就職は決まりやすいかどうかについて。

答えは・・・

はい。とても決まりやすいです。


若くて飛びぬけた容姿に、まぁまぁの大学なんか出ていたら、
よほど暗かったり、病的でない限りは、
転職回数が多少多かろうが、
オッケーー!! 特別優遇ーー! の企業さんが
多いのは確か。

表舞台や、サービス業だからというわけではなく、
面接官も人間であれば、偉いさんも人間、
そして、仕事をしていく相手も人間だから。

理由は、美人やイケメンは
もって生まれた才能のひとつ。
それだけで人を楽しませられますぴかぴか(新しい)

人は楽しいところや、ワクワクするところに寄るわけで、
誰が「見て楽しくないバッド(下向き矢印)話して面白くない人爆弾」に、
時間やお金を費やすでしょうか?


見て楽しくないバッド(下向き矢印)話して面白くない人爆弾に限って、
わかってくれといわんばかりの
自己主張ばかりが強いような気がします。

自己主張を続けて、泣こうがわめこうが、
はっきり言って
「誰がそんなあなたの主張、聞きたいわけ?」って
思われてますよ。
面接は、話を聞きたがられるような、
会って楽しい人になってから
出直して欲しいと思うのがホンネのはず。

でもね。
美人やイケメンじゃなくても、会ってワクワク♪
会って楽しい人は、たくさんいますハートたち(複数ハート)

お笑いタレントみたいになれと言っているわけではありません。

私たちが企業から言われる「欲しい人」は、
「元気で明るい人」がダントツトップ。

美人やイケメンは、
居るだけで人を元気にすることができるから、
置いておいて・・・
また、特別な技術を持っている人もこの際省いて・・・

!!!!! 一般人が

面接で受かりやすいポイント特集
!!!!!

・明るい
・元気
・面白い(面白い顔といわれた人も含む)
・清潔(指先襟ぐり袖口は大丈夫ですか?爪は全て同じ長さがポイント)
・話がわかりやすい(難しい言葉や英語の羅列はダメよ)
・聞き上手
・声が大きい
・アピール力がある
・謙虚(これをアピール力と矛盾していると感じた方は、×)
・夢がある
・人懐っこい
・性格が可愛らしい
・なぜか末の子(懐に入るのがうまいのかしら?)
・素直
・誠実(調子良いのはすぐにバレますよ)
・単純
・姿勢が良い
・満面笑顔ができる(歯も大事)
・記憶力が良い
・好奇心旺盛(会う人への事前情報収集力がある)

努力すれば、できることが8割でしょ?
せめて、明るく元気で清潔くらいは持参しましょう。

美人やイケメンさんにもひとことひらめき

「外見だけで世渡り

できるのは若いうちだけexclamation


努力しないクセが身につくと、40歳過ぎて採用高齢者に
なったとき、大変な苦労をしますよ!

結局、人は一生の中で、どんな人でも同じだけ努力する必要があるということ。
うふふふふ♪
磨き続けましょう。

↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

ココはどこ?

ココは転職相談のブログのはずなのですが・・

いんしょくハイパーのメルマガ
毎週々「今週のお悩み」に真面目にお答えし、
サイト内で真面目に転職相談をアップしているため

私の“粗・日常報告”みたいになってきました(笑)

このブログを企画・作成した「国○先生」の意図から外れまくり・・あせあせ(飛び散る汗)

多い日で2,000名の読者さんにお運びいただいているというのに、
すみませぬ・・たらーっ(汗)

さてさて、今日は、たまには、本来の姿に戻そうの日!!

先日の記事に、コメントをくださったHANAさんへの返答です。

まずは、私のことをすごく綺麗な方! 真矢みきさんに似てると
書いてくれてありがとうございます〜♪♪ 
まぁ〜〜〜♪ いつも言われます〜♪(←冗談よ)
それだからって、HANAさんを特別扱いしているわけではありませんが、
上機嫌になったのは確かです(笑)

メルアドがなかったので、やむなく一回目のコメントを公開するに至りましたが、
大変多いお悩みでもありますので、記事にさせていただきました。

さて、HANAさんは27歳ということですが
どちらにお住まいなのかが気になりました。

地域によっては、「27歳にもなって・・」という地域もあるでしょう。
(実際、私の田舎などは25歳くらいで結婚していて当たり前、
先生・保母さん・銀行員・役所・JAなどがエリートで、
ベンチャー企業などは、親・親族の思考回路にあり得ない土地。
※しかも、外車を乗っている人は悪いことをした人だと・笑)

しかし、全国単位で見ると、
27歳は、丁度1〜2度目の転職時期にあたります。
もともとやりたいことがわからずに大学に行く人がほとんどで、
なんとな〜く安定してそうな企業に就職してしまったせいか、
「本当に自分を見つめなおす時期」に差し掛かります。

未経験分野に突入しだす年齢。
ぽこぽこと未経験者が誕生する時期です。

特に寿命が延びているぶん、当然若者のモラトリアム期も長く、
30歳くらいでやっと晴れて正社員就職する人も多いのですよ。

HANAさんみたいに、ご自分で
「経歴は何の努力もせず、身軽なフリーターです」と判断している
もったいない人も多いのです。

実際は、若いときにしか柔らかに吸収できない人との関係や、
若いときにしかできない様々なことを経験されてきたと
思うのですがね・・

いまどき、ひとつの職場で長く勤めている人のほうが少ないです。
私が担当する中で、20回を超える転職もざらexclamation
私たちが離職を防ぐために、経営者の考えに共感するサイトを
立ち上げているのもそんな時代背景からです。

いま、焦ってきた気持ちを財産だと思いましょう。

飲食業界は不思議な業界で、人生で起きる全ての出来事が生かせます。
いわば、「心」ひとつで成功できるオシゴトでもあります。
学歴なんかのお飾りは、見る必要はあまりナイのが実情です。

私たちは、その人がどんな人生を歩んできたかを聞いて、
将来に向けた「人生ストーリー」を書いて売り出すだけ。

芸能プロならぬ、就職活動支援プロダクションであります。
その時間だけは、あなたの専属のマネジャーでございまするんるん

実務経験や技術はもちろん重視しますが、
未経験者を育てるちゃんとした教育制度が整っている
企業が多いのです。(良い「師」につこうね♪)

私はあちこちで、高齢採用の必要性を訴えていますが、
元・銀行マンで定年退職し、飲食未経験者という方
の道でもちゃ〜んとあるんですよ。

あまり贅沢な条件を言われると困りますがね・・・(これ毎日・苦)

『私なんか要るはずもない。』なんて言われますが、
それはあなたが勝手に自分で決めることではありませんからね。

解雇されて辛かった経験も活きてくるのが飲食業界。

気にされている段取りとは「慣れ」です。

35歳くらいまでに、絶対にやらなければならないのは、
多くの人との関わりと、人を大切に扱うこと。
これを放棄してしまったら、40歳過ぎて非常に生き難くなります。

HANAさんは、パティシエになりたいそうですが、
あのオシゴトはセンスが命。
センスは元々持ったもので、努力ではどうにもなりません。
試してみるのも良いですが、
まずは、第三者にあなたの価値を判定してもらいましょう。
意外なところが見えるかも。

27歳、自分発見第一ステージ。頑張ってね!


たけだあかね


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

一瞬で、本性まるだし。

人みしりで口ベタの私が、
どうしたことか、キャリアカウンセラーの仕事をもったおかげで
初対面の人と話す機会は普通の人の何倍もあります。

カウンセリング中も、うまいことがいえないので、
本音で話すことしかできません。

よって、私の時間は、
ふらふらになるまで、本音爆裂タイムになるときがありますむかっ(怒り)

そこでたまに出てくる鬼さんは、
「僕(私)は、こ〜んなに凄いのに、希望がかなわない。
あんたらのような仕事は、これで金をもらっているのだから
ちゃんと紹介を」


・・・といった「自信過剰」「横柄な態度」「脅し」

本音を超えて、悪い本性が出たというところでしょうか?

そうこられると
「あなたのような人を紹介したお金などは、いりませぬ♪」が私の本音です。
就職のかわりに、臨床カウンセラーをご紹介したいくらい。
うふふふふふふふふふふふふふふ♪ 良い人を知ってますよ(笑)

確かに素晴らしい経歴を持たれているでしょう。
でも、本音を言えば、経歴書はツールのひとつであり、
見なくても良いくらいなんです。

第一印象と、人間性、年齢相応の人格。
会話の理解力、気持ちを察する力、笑顔、姿勢。
それを中心に見ています。

私の一番好きな言葉は
「親しき仲にも礼儀あり」

知人でも
「誰かのために何かをしたい」ことと、
「自分のためにその人を操りたい」ということを履き違えている
メリット計算・拾得派
には、厳しい態度を取りますし、
距離をおきます。

なぜか、いつまでも幸せがつかめないタイプがこれだからです。

自分の意志がないから、受け入れてくれた人に全体重をかけて乗りかかり、
人に付いていくしかないから、人のせいにするしかない。

そして、認められたい・思い通りにしたいと、
実は、自分のためだけの行動オンパレードです。

「誰かのために」と非常に行動が似ていますので、
はじめは見抜けませんが・・

本性が出たとき・・

思いっきり冷めますね。

そう。幸せになれないのは、あなたが原因でしょ?

恋愛ならば、別れたあとに、思い出しもしなければ、
懐かしくもならないのがこのタイプ。

良い付き合いをしていたら、良い思い出が悪い思い出を上回り、
懐かしくなったりしますものね。

経歴がいまひとつでも、謙虚な態度であれば、
良い就職が決まるのも、昇給も早いです。

人生そんなに長くないのだから、謙虚になって早く就職しましょうよるんるん


・・といっても、傲慢なかたがたが、再度お見えになったり、
メル友になったりすることが多いのですがね(笑)

そんなKYな方々が、良い就職をしてくださったとき、
うまく口ではいえませんが、じぃんと胸を打たれ、
ひそかに“嬉し涙”していたりします・・・・・ハートたち(複数ハート)



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

プロ意識、むくむくと。

昨日のミシュランの発表で、
味・サービス・空間の雰囲気で、評価の高いレストランが
三ツ星を獲得しましたね!

パチパチパチパチ!ぴかぴか(新しい)演劇

去年から、
2007年はミシュラン元年サービス元年exclamation
言い続けては、無視されてまいりましたが(笑)
日本の飲食業界も、底上げになること間違いなしです。

嬉しいなぁ〜揺れるハート

近々、飲食業界が最も人気の高い業界になって、
就職するのが大変になったりして♪

就職するなら、今のうちよん♪(笑)

意外と、ミシュランの星の定義を知らないかたが多いので、
こちらに書いておきます。
飲食人としては常識ですので、ぜひ頭に入れてください♪

かわいいかわいいかわいい三つ星 そのために旅行する価値がある卓越した料理
かわいいかわいい二つ星 遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
かわいい一つ星 そのカテゴリーで特に美味しい料理

飲食は、不味い・サービスが悪いといえど、
まずお金を払わず帰ることはないから、
バッドなお店は何が悪いか気づかないまま
姿を消すことになります。

スタッフが私語で盛り上がっていたり、
何にも気づいてくれなかったり、
ひどい場合は、
私自身が厨房近くまで、スタッフを呼びに行って
用事を言うことも!

その空間にいればいるほど頭にくるだけのお店。
何のためにそこにいるのか、後悔します。

星のついた店がどう・・という個人的意見で盛り上がるより、
なぜそのレストランに星がついたのか、を考えて、
これを機会に、サービスに対してプロ意識をもって
いただきたい。
プロ意識だけが、生き残れるヒケツです。

覆面はいつ訪れるかわかりません。
私が所属するフードフナリスト協会では、
ミシュランの何倍もの覆面調査員がチェックにまわっていますよ。


ブログランキング




↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

人生ストーリー♪ 履歴書作家。

私が履歴書指導のとき、もっとも力を入れるのが、
「ストーリー」づくり。
私あてに相談にいらしたかたには、徹底しています。

履歴書の志望動機の欄や、職務経歴書の自己PRのところに
ストーリー性をもたせると評価は高くなります。

第一印象は、人も履歴書も同じ。

まずは外見(字の美しさ)に目がいきます。

「字が綺麗だね」と言われたら、まずは好まれ度合いはOK!

あとは、中身に「魅力」があるかどうか・・・ですから、
高学歴・素ん晴らしい経歴だけが
モノを言うわけではないということを
ご理解ください。

特に学歴は遊園地でいえば、アトラクション。
アテンションプリーズってところかしら。
高学歴は、注目を集めるかもしれませんが・・。
まぁ、その程度です。

流されるままに仕事を続けてきたと思っている人でも、
卒業、成人、30歳・・などの節目には、
ちょっとした何かを考えてきたはずです。

「成人式を機に、親に2万円のおこづかいを渡すことを決意。
2万円給料をアップするために、●●をはじめ、このような
工夫をしてきました。結果、店の売上げも●%あがり、
自信ができてきたため、25歳になったいま、
さらに大きなステージで力を試してみたくなりました。」


些細なことでも、
このような感じにするだけでも、履歴に魅力ができます。

あなたが仕事中に考えてきたことを、文章にすること。

履歴書は、一度だけ魅力のあるものに仕上げておくと、
あとは楽です。

何より、今後、日々の積み重ね方にも参考になります。
夢の実現に日程を入れることが流行りましたが、
これも人生プランの落とし込みには、威力を発揮する
キッカケになります。


自分史を書きながら、気づいていくのと同じ心理かもしれません。


履歴書に魅力を出すならコチラ


↓第一位、御礼m(__)m
ブログランキング




↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪






posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

面接官が見る意外なポイント2♪

先日記事の回答です。

ワンランク上の転職を目指し
人気の会社を受けるかたは相変わらず多いわけで、
競争率も高くなります。

頑張って「最後まで気を抜かない」ことです。

先日の例は、
面接官が「見送ってくれた」というところがポイント。

取引先の大切なお客様ではありません。
なぜ面接者のあなたを見送ったのか・・?

単純にVIP待遇だと、あぐらをかいてはいけません。

百戦錬磨の面接官は、
面接中の緊張感とは別に、
ふと、気を抜いたときに
あなたが何をするかを見ます。

Oくんが不採用になった理由は、
面接官と別れたあとの何秒間にあったわけです。

私もたまに、見送りをします。
「この人は!」と思った場合は
帰りの姿勢を見ることに力を入れているわけ。

また、見送りまでしなくても
エレベーターが閉まる瞬間の表情を見ます。
ここにホンネが隠れているわけで
舌を出すような心構えの人は、
面白いほど違った表情を、その瞬間にするものです。


Oくんが、かなり見込まれていたのは事実。
本当に残念なことをしました。

面接官が見送ってくれた場合は、
一度は振り返り、
見えなくなる前に、きちんと礼をしましょう。

その会社近隣の駅や、電車の中でも、
その会社の話題は慎むのが常識であり礼儀。

まぁ、普通に考えたら
自ら選んで面接をお願いし、受けさせていただいた会社に対して
失礼な言動をすること自体が人としてどうかというところですがね。

終わった途端、上着を脱いで、たばこを吸いながら、
友達に大声で電話をする・・
よくある光景なんですが、最悪です。
「面接、ちょろかったわ!」なんて言っている人もいますものね(笑)

お気をつけください。

↓第一位、御礼m(__)m
ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 09:59| Comment(3) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

面接官が見た意外なポイント♪

さて、今日は!

志望動機だの、退職理由だの
一般的な面接対策では「ない」
見られているポイントのお話。

仮にOくん。本日、面接です。

ひげ一本剃り残しもナシ。スーツのしわナシ!
身だしなみもバッチリ! ぴかぴか(新しい)
面接のマニュアルも熟読しました。
ハッキリいって、自信があります。

相手は、人気多業態店舗の、超ベテラン人事マン、Aさん

Aさんは、物腰やわらかく、Oくんをリラックスさせ、
Oくんの話をよく聞き、さらに共感してくれ、
ついついOくんは、身の上話までしました。
帰りは、なんとAさんが、丁寧に会社の玄関まで送ってくれ、
Oくんは、なんだかVIPな気分になりました。

すっかりポジティブな気持ちになったOくん♪
Aさんと別れ、
面接がうまくいった充実感と開放感でいっぱいでした。
「これだけAさんに共感してもらって、わざわざ見送ってもくれた。
絶対採用だな・・・」
と思っていたのに

結果は不採用!

こんなことって、多々あるんです。

人材紹介のキャリアカウンセラーなら、
まだあなたの失敗を訂正してくれますが、
企業面接では、それが本番。

Aさんは、どの場面を見ていたのでしょうか?

Aさんいわく

「Oさんは、
とてもやる気があって、頭も良く、受け答えもハッキリしていて、
うちの会社に合うと思いました。
だから、長時間、いろいろと話しをさせてもらいました。
身の上話? それは問題なく、学生時代も素晴らしい経験をされていて、
明日からでも来て欲しいと思ったんですがね・・・
ただ・・・残念ですね。」



では、一体なぜ、不採用だったのでしょうか?

面接では意外な盲点があります。
もう、わかる人はわかるでしょうるんるん
ある場面で何があったか細かいことまで言われませんが、
Aさんは、その「場面」を見て判断されたわけです。

回答は次回、お伝えしますキスマーク

↓第一位、御礼m(__)m
ブログランキング




↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

【創立記念日】ベンチャー企業って?

本日、10月22日
キイストン15周年。
創立16年目の記念日でございます。

新しいベンチャー企業!といいながら、
いつしか、老舗の仲間入り・・・?
という年月が過ぎました。

16年前の今日。

29歳と、27歳のふたりが

赤坂の一角で

窓もない屋根裏部屋をかりて
2つ、机を並べてスタートを切りました。

当時、市場はバブル崩壊直後。
何もないから、知恵をしぼるしかなかったわけですが
それでも、いつも仕事で楽しみをみつけながら
ひたすら一生懸命な毎日。

身内からもらった「軽」の自動車で車(セダン)
「従業員は2人♪寂しいな♪」るんるんなんて、
なんとなくできた歌を歌いながら(笑)

私たちのことをまったく知らない、怪訝な表情のおきゃくさまを訪問し

ぜんぜん相手にしてくれない銀行さんをまわり

「あんた誰?」と横目で見られる記者クラブをまわり・・・

ここまでなんとかやってこられたのも、皆様のおかげですぴかぴか(新しい)
心より感謝申し上げます。

ここで、
会社で働く意味って何? これを考えてみたいと思います。

たとえば、
「定時に終わって、同僚と上司の悪口をサカナに飲む・・」
そんな毎日も良いでしょう。

できあがった会社で
当たり前のように仕事があり、当たり前のように給与が入り
担当の役割はしっかりしていて、その仕事をまっとうする、
そんな典型サラリーマンを、ベンチャー企業で望んでも
しんどいだけで、時間は無駄に過ぎていくと思います。

ベンチャー企業は、本当に生みの苦しみばかりです。

そのなかで、
ベンチャー企業にあるのは、
苦しいなかから、生み出せたときの喜びぴかぴか(新しい)と、
それが何かの「役に立っている」というリアルすぎる実感手(チョキ)と、
そのときにできる確固たる一人ひとりの存在パンチ
不動の「居場所ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)」です。


事業を生んで育てあげるまでに、当然のように、イレギュラーがいっぱい!
当初の計画が狂うなんてのは、当たり前。

子育てと同様、会社は、ナマナマしく生きてるんです。
思うようになんて、いきません。
だからこそ、自分の力で、
それをたくさん楽しまないと、もったいない!!

いつも問題が山積みの中で出てくる知恵は脈々生きていて、
新鮮なうちに社内で通しやすく、
自力で解決して歩き出したときの喜びは、ひとしおです。
必要なものがそろってなくても、知恵でなんとかする。
これがベンチャーです。

働く場は、大手、老舗、ベンチャー・・・いろいろあります。

あなたの人生の一部を過ごすわけですから、
それぞれ、その環境を利用して、
楽しいものにしていったほうが、絶対いい!
exclamation

あなたに合う企業は、どんなタイプでしょう?
自分のライフスタイルとみつめあって、考えてみましょう。

※これは、一番はじめに作った名刺です。
いつか社史にしようと、したためたアルバムの中にありましたぴかぴか(新しい)
名刺.jpg

今のように
印刷頼めばカラーもスグ納品!みたいに簡単ではありませんでした。
当時、精一杯の簡易名刺(笑)


ひらめきひらめき私たちの創業時代の話は、コチラの本に書いていただいてます。←click!
ベンチャーに興味があるかたは、ぜひ、見てくださいね♪
『起業前夜』夢を追え!ベンチャー11人の挑戦/東京中日スポーツ著



↓第一位、御礼m(__)m
ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

【ドリル】自分のアピールポイント、どこまで言える?

最近、面談時に、本番面接の練習をしていて、思うこと。

みなさん! アピールポイントが足りないわ!!キスマーク

20代の場合は、
「15人の現場を任され、売り上げを20%あげたことがあります!!」
でも十分ですが

30代、40代、さらに50代となるにつれ・・
年齢を重ねるごとに、経験も豊富になってくるわけですから、
もっと「他の人に勝てる」アピールポイントが言えるように
なってください。

ここでは模範解答は書きません
自分の言葉で言うのが、一番だからです。

さてぴかぴか(新しい)
あなたのアピールポイントを、相手に伝えやすく作りはじめましょうるんるん
下記から自分に当てはまるものをすべて選び、
あなたの経験から「文章にして」組み立ててみてください。


ひらめき・ マネジメント力(何人のチームをまとめ、売り上げや定着率のアップなど)
ひらめき・ コスト削減力(どのくらいの期間で、何をして、何%削減したか)
ひらめき・ 味覚・臭覚(自分が優れていると思う点で結構)
ひらめき・ 責任感(逃げずにやり遂げたことなど)
ひらめき・ 判断力(○○の場合に○○して成功した。例をあげてください)
ひらめき・ 集中力
ひらめき・ 創造力(採用されたアイデアなどで良くなった点など)
ひらめき・ コミュニケーション力(スタッフ・お客さま、上司や年齢別についても)
ひらめき・ 洞察力(あなたが面接して採用した人の活躍ぶりなど)
ひらめき・ 問題解決力
ひらめき・ 向上心
ひらめき・ 語学力(英・中・仏・伊・ロシアなど)
ひらめき・ 人脈
ひらめき・ 食材知識
ひらめき・ 統括力
ひらめき・ 業務改善力(職場業務の問題をどう変えてきたか)
ひらめき・ PLなどを読む力
ひらめき・ 資格の有無と活用した実績
ひらめき・ 性格の長所

(※飲食以外の方も現在の職でアピールしてみてください)

以上のことを元に頭で整理できていれば、
お会いした際に、もっと突っ込んだ話もできますし、
私たちが客観的に見た長所を織り交ぜ、
一緒に面接用に仕上げることができます♪


「何もない・・たらーっ(汗)」という謙虚すぎるかたは、
学生時代をイメージしてみてください。
また、飲食が好きになった理由と、飲食にかける気持ち
、そして性格の長所をまとめてみてください。

日本人は、もっと自分をアピールしましょう♪

※先日の間違い探しの答えは、明日、コメント欄にてお返事します♪
簡単すぎる内容に丁寧にお答えいただける方の、ホスピタリィ力に感謝です揺れるハート
なぜ、武田はこんな稚拙なクイズを出したのか・・??
月末頃に発表する新事業のキャラにちょっとだけ関係しているからです。お楽しみにるんるん


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆ コラム ☆★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。