2010年05月15日

マイケル・ジャクソン・ジャパン鰍ノお邪魔しました。


え、もうそんなに・・・?
・・という感じですが
マイケルジャクソンが旅立って
来月の25日で1年が経とうとしています。

さて
なぜ私がコチラに訪問させてもらったいるのかというと

まだ詳しいことは書けないのですが
もしかしたら近いうちに
いんしょくハイパーの読者や
ココの読者の方に
超・元気の出るお知らせがあるかもしれません耳

特にマイケルジャクソンファンにはたまらないかも?ぴかぴか(新しい)

どうぞ、お楽しみに。

マイケルジャクソン.jpg

右は、マイケル・ジャクソン・ジャパン鰍フ富田宗克氏。
話すだけで元気をもらえるような
特別なオーラを持ったかたです。

マイケルの直筆サインと一緒にドキドキショット♪カメラ

実は、世界中でこちらの会社とドイツの会社だけが
版権の正式契約をしているそうです。

そろそろ、何かが始まるかもexclamation&question


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪






posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

わたくし、東大出ました♪(?)

先日、東大に行って、その日のうちに出てきました(笑)

今週は、授賞式のあるノーベル週だから小柴教授に会いに♪

小柴教授.jpg

・・って、こちらは等身大のお人形でございます(笑)


銀杏並木に・・・
イチョウ並木.jpg

三四郎池に・・・
三四郎池.jpg

ほとんど観光気分でするんるん

実は、
特任教授の内山東平(うちやま とうへい)先生に会いに行ったのです。

「AERA」5月号でも特集されてましたが、
大きな改革を起こした教授でも有名。

内山先生
年齢不詳で黒のタートルネックの似合う
ナイス・ガイでございました♪

とと・・・関係のない話になってしまいましたが(笑)
この内山先生、
「土壌菌」を深〜く研究をされているのでした。

土壌菌郡を活性化させると
土の健康度があがり
健康な作物ができ
結果、人の体も健康になるってこと。

糖度まで高くなるから、おいしいのよねぇ〜〜♪
匠味のたまねぎぴかぴか(新しい)とか、できちゃうんです揺れるハート

先生のお話では、

日本の土地だけにこだわらず、
健康な土壌さえ提供すれば、
不安要素満載の中国の広大な土地でも
脱化学肥料、脱農薬、脱抗生物質が実現し
健康で安心な作物がたくさん作れる。

とのこと。

なるほどexclamation
つくづく、深刻な食料自給率問題に、
タレントを使って宣伝していても意味がないです・・たらーっ(汗)

内山先生は、日本のみならず、
世界の農業を変えてしまうかもしれませんね。


先生は生活習慣病という言葉を使わず、
「自己管理欠陥病」と仰います。

自己管理を徹底されている内山先生は
体はどこも悪くないそうで、軽く20歳は若く見えます。

日本という火山国はミネラルの宝庫。
そして微生物は、まだ0.1%も解明されていないそう。

今後も食糧自給率アップはもちろん、
食の安全と美味、そして何よりヒトの健康のために
内山先生に、先駆して欲しいです!モータースポーツ


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 02:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

常識を変えた天才21歳!

人間の病気も慢性化するとやっかいなものですが
飲食業界が患う長年の持病
「慢性人手不足」に
効く薬はないものかと言われていた中で

・・・・出た!!

1人の採用に50〜70万円程度はかかるのは常識。
でも、深刻な人材不足の慢性化&高い離職率の業界で
常識と言えどもその価格を払い続けられるかというと

・・・「?」・・・

実際のところ、この矛盾はどうしようもなかったんですよねたらーっ(汗)

そこで
掲載無料・実際に採用ができてはじめて課金されるという
常識を覆す新しい仕組みを生み出したのは
村上太一さん(潟潟uセンス代表取締役)

yahoo等で「アルバイト」と検索すると一番に出てくる
「ジョブセンス」の企画・開発者です。

実際の採用に対してのみ発生する費用は
なんと1万2,000円〜/人が実現!
また採用された人にも
2,000円〜の『採用祝い金』が贈呈されるという仕組み。

月間アクセス数約750万PV
ユニークユーザー約100万人という
成果報酬型求人サイトの中では
国内ナンバー1の圧倒的リーチ力です。

この斬新な仕組みで業界はおろか経済界まで震撼させている
村上太一さんは・・・なんと21歳!!
早稲田大学4年生の学生ベンチャーです。

昨夜、村上さんと、事業部長の柴崎友哉さんとご一緒させていただきました♪

ジョブセンス.jpg
柴崎さん 武田 村上さん
(後光がさしてカメラが・・あせあせ(飛び散る汗)ハッキリ写ってなくてごめんなさい)

玄界灘鮮魚の囲み料理をつつきながら、湧きいずる話題ぴかぴか(新しい)
気がつけばなんと4時間が過ぎていました。

楽しい〜〜〜〜〜!!!るんるん
創業期がよみがえるような夢ある話と前向きなパワー!
ああ、毎日こんな会話をしていられたらどんなに
元気に素晴らしいものが生まれるでしょうぴかぴか(新しい)

リブセンス=生きる意味。
「どんどん新しいことを発信していきたい」(村上さん・柴崎さん)
見失うくらい目まぐるしいスピードの現在に
頼もしく、光をもたらしてくれる言葉をいただきましたぴかぴか(新しい)

ヨボヨボと否定から入り、難癖だけは素晴らしく
何かといやらしい中年以降の世界の垢も一気に取れます。
(う〜んざり。白髪も出るわ・笑)

久々に、業界を元気にする人が登場した
飲食業界版・徹子の部屋(笑)でございました♪


掲載〜応募・面接まで無料!
採用成果報酬型ジョブセンスのお問い合わせ・申し込みはコチラにお気軽にどうぞ♪



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪




posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

次期社長?

ある30代前半の男性が
このたびジャパニーズドリームへの
第一歩を踏み出すことになりましたぴかぴか(新しい)

彼は大学卒業後、包丁一本「和食職人道」一筋!
(実際は10本以上持ってらっしゃいますが・笑)

22歳からの職人道デビューは、中・高卒者と比較して
6年以上の遅れをとるので、結構不利なんです。

でも、それから10年・・・

厳しい修行を積んだ彼は、
やれ土日休だ、やれ上司が悪いなど愚痴だらけの「オヒマ」な
一般職の常識とは、かなり違ったものを持った
人財へと育ちあがったわけです。

そして、今年、
東証一部上場を遂げ、経済界では知らぬ人がいない名経営者が
別のカテゴリーで立ち上げた飲食業の幹部候補として
今回、見事、採用が決まりました!

いわば

IPOに確実性をもった会社の社長候補!

今回、拘わった3名全てを招待してくれた心意気が嬉しくて、
ありがたく、お誘いに参加させていただきました♪

彼が招待してくれたのは、
六本木店が、ミシュラン一ツ星を獲得した
「桜ヶ丘」さん♪

うっとりするほど美しいぴかぴか(新しい)和の饗宴に
写真を撮るのも忘れました。
とりあえず、見本写真で。
四季.jpg

彼は過去にお世話になった料理長に手土産を忘れず
礼を尽くしていました。

その姿に、私が最も大切にしている言葉で
大好きな「親しき仲にも礼儀あり」を見ました。

礼無し、もしくは全てメールでしか対応できない
「礼儀知らずは恥知らず」とは違います。

「完全縦社会、一度得た恩義は一生」

こんな和食職人道の「粋」を目の前した、感動連続の夜ぴかぴか(新しい)

和食職人って、頭も角刈りでいかついイメージがあるでしょう?

でも彼は元モデル経験者の、超イケメンです。
182センチの長身に、日本人離れした顔立ちは、
とてもとても、和食職人のイメージではありません。

容姿はモデル系、精神は純和風職人を極めた体育会系。
今でもじゅうぶん飲食業界に夢を与えられる存在なのですが、
「もう少し偉くなってから」ということで顔出しは躊躇。

でも、夢や元気を与える人には何が何でも絶対に出てもらっている
「飲食版・徹子の部屋るんるん」としては、何も出さないわけにいかないので(笑)
今回はモザイクで(余計に怪しい・笑)
oくん.jpg


3年後、彼がめでたく社長に昇進されたとき、
インタビューとともに、顔をハッキリさせようと思います。


こちらは外国の就職にめっぽう強い潟Zンサップ白川社長。
今回、尽力いただき、同席されたお一人です。
白川さん.jpg


さて、ムリヤリ付随した話になるかもしれませんが・・・
経済力は、自由に生きるために男女ともに必要かもしれませんね。

特に「女性は年収600万円を超えると私生活における無駄なストレスはない」といいます。

イヤな人と一緒にいる必要はないし、慰謝料でもめることもない。

それには、やはり一時のがむしゃらな努力は必要で、
頑張った人には、その後必ず“心身ともに”
段々楽になれる時間のお土産つきなのかもしれません。

決して経済的な楽だけではないのです。

精神的な「楽」
ぜひ、みなさんも余裕ある将来を手にするために
時間を大切に頑張ってみてくださいぴかぴか(新しい)


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人は・・♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 11:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

チーム「プラス」6パーセント(?!)

超オンナ磨きの題名にひかれ
「どんだけ〜♪」と言いながら読み漁ったIKKOさんの本。

死ぬほど好きな人と、このシチュエーションごっこをして「みたい」(笑)と
思った究極の愛の小説、愛の流刑地のTVドラマ版揺れるハート

etc etc etc…

書けば今日のブログがいっぱいになるため割愛しますが、
ドラマ、バラエティ企画から、出版プロデューサーとしても数々の著名人を世に送り出している
放送作家「わぐりたかし」さん←クリック♪が、遊びに来てくださいました♪

“語源ハンター”としても活躍されています。

わぐり先生と2.jpg

※撮るなら、今後はバックの風景を考えたいものね・・・(ここは弊社ですあせあせ(飛び散る汗))

わぐりたかしさんは、食と食メディアに関わるジャーナリストの交流会「日本フードジャーナリスト会議」←クリック♪ 代表でもあり、飲食業界の抜本底上げを強力に応援してくださる お・か・た。

なんと素晴らしいおかたが飲食業界を応援してくださっているのでしょう!

過去記事の登場人物の顔ぶれを見ても、
このブログをいつか「徹子の部屋」みたいにするのはどうかなと
ほくそ笑んでおる武田です(笑)
トゥ〜ルル、ルルル、トゥ〜ルル、ルルル♪トゥ〜ルールールール〜♪

さて、わぐりたかしさんの最近のプロジェクト

「チームプラス6%」

誰でも「チームマイナス6%」はご存知かと思いますが、
「プラス」もこれまた凄い!

一体何かと言いますと
食料自給率を6パーセントアップするというもの。

今、農家には夢がありません・・。
というか夢が地中に埋もれちゃっています。
野球では「イチロー」のようにどの世界にもスターがいるから
目指すイメージができるけれど、
スター不在の世界に夢を抱こうにも、抱けないわけ。

作る人がいなければ始まらない!

わぐりたかしさんは、作り人のレベルアップも織り込み
日本の農林水産業からスターを出そう!と、いうお考え♪

・・・これは、暇ネタのスター誕生ではなく・・・

たとえば、食材のカリスマが出てきて、
ナスビの奥深さを世に知らしめれば、
“ナスビ匠職人”などと銘打つスターが脚光を浴び、
結果、もっと良いナスビが皆さんの口に入るかもしれないでしょ?

実際、日本では良いものも消えているのです。
わぐりさんいわく、良いものは勝手に残るのではなく、
「残そうと思わないと残らない」
ということなのです。

実際、地方で全国から集まる行列ができる素材重視の店などは、
アイドルタイムに農家の方が集まって
積極的に情報交換をされているとか。

わざわざ遠方の素材の良い店にお客様が足を運ぶなんて
素晴らしい現象!
「素材ミシュラン」のほうが世のため体のためになるかと
私個人では思っているわけですが。

まぁ〜良いものは地方に埋もれています。

誰が発掘して、世に出すか。

結果、食材レベルがあがり、みなさんに還元されていきますよ♪

チームマイナス6%も、チームプラス6%も、
「生活を見直す」根本は同じ。

わぐりさんが

「食材の世界遺産」を残していくために
立ち上げられた、チームプラス6%!

食材が命のアラン・デュカス氏が第一人者として活躍される日も近い?

あと、4月29日にわぐりさんの企画で出版される「ジュセリーノの予言」の話から、わぐりさんに今後の地震について耳打ち話をいただきました♪
ここではナイショですが、武田的には嬉しい内容でしたよん♪


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

法善寺横町=うち??

「包丁一本るんるんサラシに巻いてるんるん」の歌でも有名な大阪ミナミの名所。

『法善寺横町は、キイストンだ』

こーんな素敵な名言をくださったのは、
信州大学経営大学院教授で、
「外食産業研究家」の第一人者

茂木信太郎先生です。

茂木先生1
すみません・・・写真、大失敗(武田撮影・涙)

こんな写真でも茂木先生は「いいじゃないか」と
言ってくださるわけです(感涙)

和食料理人は、昔、包丁一本で、技術を磨くべく渡り歩いていました。
洋食はスープ(ソース)ベースですが、
日本は、懐石が元祖で、「素材を切る」ことがベースなんですよね。

法善寺横町とは、
技術(能力・才能)をスキルアップすべく場所との
比喩なのでしょうか?

茂木先生の頭の構造についていくには、
とてもとても私では役不足ですが、
嬉しくお言葉を頂戴いたしました。

「法善寺横町=キイストン」
頭の宝もの箱に、大切にしまってあります。

茂木先生のご活躍は、「茂木信太郎」で検索いただくと読みきれないほど出てきますが、
外食産業についての著書の数々は、ココにも!

とにかく、外食産業の仕組みや、イノベーション情報にお詳しく、
本当にお時間を作ってくださるだけでも光栄の至りなのです。
日本の外食産業を強力に支援してくださっている先生ですから・・。
あまり似ていないと評判の姉が、信州大学でパブリシティの講師をやった関係で、私のことを
知っていただけたわけです。

日本の大学には、まだホスピタリティ科がありません。

懇願!

茂木先生に

「日本第一号・ホスピタリティ科

WEBキャンパス」を

創設して欲しい!!



いんしょくハイパー内に大学を設置して、リアル店舗で臨時講義とか黒ハート

・・・武田、夢と妄想が止まらないハートたち(複数ハート)・・・

さて、威厳ある茂木先生が、
なんと、私の愛用ペン「シナモン」(笑)を持って
お写真に写ってくださいました。
ココだけの話限定で、こんな親しみやすいお姿を頂戴できるとは・・ぴかぴか(新しい)
茂木先生シナモン

(どんな寒いときでも、シナモンはふわふわ暖かくて、良く書けるのですよ。)

私にとっては、最高のホスピタリティ!
ありがとうございました。


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

銀座にドラキュラブームを生んだ、高知出身のかたといえば・・?

「21世紀、ドラキュラ伯爵の館・・ヴァンパイヤが今、目覚める・・・」

うきゃーー!! おどろおどろしくて、ワクワクするわ♪

・・と思ったら、不思議の国のアリスや
シンデレラや白雪姫をテーマにした
夢の世界に浸れるレストランぴかぴか(新しい)有りーの

マリーアントワネットやフランス貴族のようにセレブレティポーク「豚」を召し上がれる(笑)宮殿内の特別室をイメージした専門レストランぴかぴか(新しい)、“文句があるならベル豚にいらっしゃい!”「ベルサイユの豚」有りーの・・・

また、大好きなオペラ座の怪人をモチーフとしたレストランなど
など! など!! など !!! など!!!!

よくぞここまで次々とアイデアが閃かれるものだわ〜♪と
うっとりと、密かに尊敬しておりました。

そうです。
このたび、「2007年外食アワード」を見事受賞されましたひとりは・・ぴかぴか(新しい)

キーワードを「おもちゃ箱」とし
100店舗100業態を目標に、
非日常的空間を次から次へと生み出された、
リスペクトするにふさわしい、業態開発の王者
潟_イヤモンドダイニング 松村厚久社長ですexclamation

ダイヤモンドダイニング松村サマ

18日夜は、銀座「砂漠の薔薇」で受賞祝賀パーティが盛大に
とりおこなわれ、武田もいそいそ参加させていただいたというわけ。

業界有名人大集合ぉぉぉ〜〜!って感じで、日ごろの松村社長の
お付き合いの広さがうかがえます。

祝賀会は、日経レストラン遠山編集長と、週刊ホテルレストラン毛利編集長
のご祝辞でスタート。
日経レストラン.jpg

日テレ「マネーの虎」でも有名な、エイチワイシステム安田社長も。
エイチワイシステム安田社長

突然、舞台版「マネーの虎」がはじまり、安田社長と松村社長に向けてプレゼンテーションが!(笑)
プレゼン

希望の3億円は出ませんでしたね・・(笑)


こちらは天下の上場企業、東京一番フーズの坂本社長。
東京一番フーズ 坂本様.jpg

東京レストランツファクトリーの渡辺社長。
東京レストランツファクトリー

いんしょくハイパー「決断の瞬間」にもご登場いただいた
ラ・ブレア・ダイニング 高橋社長。
ラブレアダイニング高橋社長

いつもお世話になっております、フードスタジアムの佐藤編集長。
この祝賀会の主催企業の一社でもあります。
フードスタジアム佐藤さま


お写真、大事に、大切に掲載させていただきます。


しかし、松村社長の、腰の低い、謙虚なお人柄が出るような、
ポイントをつくパーティでしたよ♪
上場も果たされ、こんな栄誉な受賞をされている方が
常に謙虚でいられる姿勢は本当に勉強になります。

一般ピープルのくせに面の皮ばかりが肥厚している、
私などは反省しきりです・・(涙)

しかし、あの非日常的な血もしたたる「ヴァンパイヤカフェ」ファンとしては、
社長のお人柄とのギャップもたまらなく大満足(笑)揺れるハート


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

トゥールダルジャンの日本初フラッグシップブティックOPEN!

1582年に創業、400年の歴史を誇るトゥールダルジャン。

パリ本店は、アンリ3世やルイ14世、ロシア皇帝など、
各国の王侯貴族に愛されてきた、美食の館として名高い名店です。

12月11日、代官山旧山の手通りに、
日本初のフラッグシップ・ブティックとなる
「Les Comptoirs de la Tour d'Argent(レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン)」
がオープンしました。
エントランス

ホスピタリティ・食・ワイン、すべてが最上級のブティックです。

前日、プレスレセプションに行ってまいりました。

ウェルカムで振舞われたトゥールダルジャンシャンパーニュ・・・
禁酒ですっかりお酒の抜けた体が目を覚ますほど、
美味でございます。

ホスピタリティあふれるスタッフ様各位にご案内いただいた
2階の“Les Cave de la Tour d’Argent(レ・カーブ・ド・ラ・トゥールダルジャン)”
は、1,000アイテム・1万本以上のワインを保有されている
国内で最もプレステージなワインセラー!

世界中から集めたワインセレクションは、
パリ本店で20年以上、シェフ・ソムリエとして従事し、
フランス国内でも著名なデビッド・リッジウェイが監修されたものです。

奥にはロマネコンティDRCなどのお宝も豊富。

「ボトルの中に車が一台入っております」
品良きジョークが飛ぶほどの高価なワインが粛々と。

一階は、レストランのみでしか味わえなかった最も著名な料理のひとつ
「フォアグラ・トロアザンプラー」をはじめ、厳選されたチョコレート、クッキー、紅茶、ジャムのファインフードが宝石ごとく並べられてます。

紅茶を贈ることの多い私は釘付け!
一品一品、説明してくださったスタッフ様、ありがとうございました。

こちら右の素敵な女性が、店長さん(ブティックマネジャー)
photo02.jpg
井上仁美さん(右)です。

さすがに最上級のホスピタリティと誉れ高きお店のブティックマネジャー!
多忙に動き回られる中で、私の愚問にも終始笑顔で接してくださいました。

「若い女性に愛されるお店を目指しています」と井上仁美ブティックマネジャー。

世界で名高い老舗の高級フレンチレストランのステイタスが
若い女性たちにも楽しめるように開放された
初めての扉かもしれません。

最後に、アンドレ・テラーユ社長にご挨拶ができました。
27歳という若さで、なんという気品でしょう・・
あまりの美しさにウットリ。
イメージモデルなど必要ありませんね。
ご挨拶のあと、ツーショットに応えていただけました。
レセプション1


いつか就職のチャンスが訪れるかもしれません。
世界のステージで活躍したい飲食人のみなさま、
とことんホスピタリティを磨いておきましょう!


ラ トゥールダルジャン ホールディング株式会社関連記事


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人は・・



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大法学部卒・しょくぎょうふじん(食業普尽)

ちまたで流行りの貴腐人ではありません。

山本基世


右は、株式会社食業普尽 代表取締役 山本基世さんです。

12月5日、
飲食店それぞれに足りない部分を支援・フォローする会社を設立。
設立日に、弊社を訪れてくださいました♪

彼女は、東大法学部を、超・優秀な成績で卒業された
スーパーウーマン。

弁護士、警察のキャリア組の道を、自らあっさりと捨て、
飲食の世界に飛び込み、数奇な人生を歩まれています。

(弁護士やキャリア組を捨てた理由は、
実際のお姿が火曜サスペンスみたいにカッコ良くなかったからとか・笑
※弁護士さん、キャリア組さん、ゴメンナサイ)

もともと人間に興味があり、コミュニケーションが大好きな山本さん。
「人をシアワセにする仕組みづくり」がしたかったそう。

彼女に最も多く浴びせられる質問は・・

「東大法学部出て、なんで飲食?」

そのような質問が飛び交うくらい、
残念ながら、日本の飲食業界はまだまだレベルが低く見られがち。
そんな現在ですが・・
「デジタルよりアナログのほうが奥が深く、頭を使う」と断言する山本さんが
先導をきり、一気にイメージを変えてくれそうです。

東大在学中も、高額の家庭教師のバイトには興味がなく、
喫茶店をはじめ、お酒ありきのアルバイトまでを経験。
しかも、わざわざ場末の地域を選んだのも
山本さん独自のサービスの定義があるとか。

「プライドはないのですか?」

私の愚問にもあっさり

「プライド? プライドがあるからこそ持ちながら捨てられるわけです。」

実に、なるほど。納得です。

飲食業界で、「自分にしかやれないこと」を見つけ出した山本さん、
その極意は・・?

次回の転職相談内
の、ハッピートークに登場していただきます♪

続き、お楽しみに。


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪



posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

日本のフレンチで本格的な土台を築いたひとり

深津泰弘さんのことをご存知ですか??

ロジェ・ヴェルジュ、ジャック・ラムロワーズ、ジョルジュ・ブラン、
ジョエル・ロプション、ピエール・トロワグロ、フレディ・ジラルデ、
ミッシェル・ゲラール・・・・・

そうそうたるフレンチレストランで修行をされ、
6年間で27の店を経験されたあとに、帰国。

帰国後は、「ラ・ベル ドゥ ジュール」の
オーナーシェフとして活躍され、
あの学士会館の「リストランテ ラタン」の料理長でも有名。

そう!! この日本で、
本格的なフランス料理の土台を、築いた第一人者なのです。


先日、私の会社に顔を出してくださいましたハートたち(複数ハート)

お話に夢中になり、
お写真を撮らせてもらうことをすっかり忘れていた武田・・(TT)

驚くほどに年齢不詳!
どうしてこれほどまでに若くいられるのか、
女性としては聞いてみたかったところです (笑)

深津さんのお話のなかで、
飲食業界で働くかたには目からウロコ。

素敵なメッセージをいただきました。

「女性が急に料理がうまくなる時期、それは子供ができたときです。
エッセンスは、本気でおいしいものを食べてもらいたいという気持ちです。
ですが、人間、他人に対しては長続きしないもの。
他人であるお客さまに対して、どう見るか・・・・
モチベーションを保ち続けるために、何度もその気持ちを思い出す必要があります。」


なるほどです。。

続けていると何かにつまづくわけですから、
そのとき、誰に相談するかが、
モチベーションをあげ続けるキーかもしれません。

そんなとき、
深津さんのような経験豊富なかたを慕えるラッキーなかたは、
いまのところ、周囲のかただけですが、
近々、もっと多くのかたが教えてもらえる機会が作れるかも!

深津さんはおっしゃいます。
「料理は外科手術と同じ」

それだけプロ意識が必要なもの。

プロとの違いって、なんでしょう?

現在、料理人を目指すかたそれぞれの価値観を、お聞きしたいところです。

↓第一位、御礼ぴかぴか(新しい)
ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪




posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 20:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

もうひとつの授賞式【小野寺清之進さん】

ハンバーグひとつで

TVキー局が押し寄せる
exclamation&question

宮城県にあるハンバーグオニオン

そう!あの巨大ハンバーグの五重塔!
ご存知のかたも多いのでは?


タレントさんたちもこぞって挑戦しては
次々と敗れるスゴイボリューム。

すでに、テレビだけでも、30番組近くに出演している、
小野寺清之進さん

今回、「感動」をテーマにした
飲食N0.1を決定する
いんしょくハイパーのコンテストでも、
飲食店経営 千葉編集長から
「私の選ぶNo.1」に選ばれました〜!!


これだけキー局にて話題が取り上げられることは、
日本全国75万店とも
個店を入れると100万店を超えるとも言われる
飲食店のなかで、なかなかナイ話です。

小野寺さんのココだけの裏話・・・

実は小野寺さんって・・・exclamation

40年ほど前の見習いの頃、
東京で「巨匠」オーナーのもと、
「修行中は休みもなく、給与も少ない」という
当時は「当たり前」の常識を、革命してきた一人。

なんと、
誰もが気軽に口をきくことさえもできない
巨匠と大喧嘩をしたそう(笑)

いまの飲食業界は、休みも充実してきて、
見習いでも給与がちゃんともらえる業界になっているのも、
小野寺さんのおかげかも?
わーい(嬉しい顔)

恵まれない子供たちに正義の味方のごとく
ハンバーグと料理ショーを振舞う優しさの反面、
きっと仕事には厳しいのだろうなぁ・・・
と匂わせる何かが小野寺さんにはあります。

さてexclamationたるんでる若者諸君

小野寺さん本人に

直々に教育を受けられるチャンスです。

ビシバシ教育されてみませんか?(笑)



また、東京での出店を任せてもらえるかも!
マスコミさんの応援のある会社は成長スピードが違います。

ハンバーグの極意を学びたい!

そんな志のあるかたは
このコメント欄↓↓にコッソリ
お知らせください♪

※ このブログのコメントは、承認制につき、
  依頼のない限り、一般公開しません。
  私しか見られませんのでご安心を。



画像は、今年3月、
たまたま偶然集まった友人みんなに、
私のバースディとして、私の住処の42階のゲストサルーンで、
あのハンバーグと、洋食を振舞ってくださったときのもの。

カットシーン


どれだけ嬉しかったか!!

花束

目の前で見る巨大ハンバーグに、みんなで驚きながら、
素晴らしいひと時に「感動」!

ハンバーグ

TVで見ていた小野寺さんと、嬉しそうにツーショを撮る友人も!

小野寺さん、素敵な感動をありがとうございました。

乾杯

小野寺さんは、宮城県の優良企業認証制度で認証されました。
おめでとうございます!


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

もうひとつの授賞式【森谷悦子さん/手の平からプラチナが!!】

「私は幸せの架け橋なんです」

そうおっしゃる、森谷悦子さん。

今や、「サラダガーデン」の料理レシピを担当されたり、
舛田光洋さんのベストセラー「そうじ力」で
何度も紹介
されていたり・・・

近々、ひ・み・つの、スゴイ企画があったり♪

人生大逆転というべく
今や、地元の有名人でもあります!!

森谷さんと、武田が接触した頃、
さまざまな意味で岐路にいらっしゃったわけですが、
すべて手作り・オーガニックへのこだわりは半端でなく、
当時も、一日にママやベビーが25組も安心していらっしゃるほど、
お店のコンセプトは素晴らしかった!

経営とこだわりの狭間にたたされ
どちらも捨てず、耐え難い困難を乗り越えてこそ
ホンモノの感動が生まれたわけです。


そして「感動」をテーマにした、今回のノミネートに至りました。

最近では、手からプラチナが出てきたそう。

すご〜〜〜〜〜〜〜〜い!!


武田も実践して、昨日から必死で手のひら手(パー)を見つめております(笑)

森谷さんのいうとおり、キラっぴかぴか(新しい)と光ったら、願いごとをするのだ!

ほんとうに幸せの宝庫ぴかぴか(新しい)にふさわしいかた。

幸せだからこそ、惜しみなく人に幸せを与えられるのですね。

飲食業界において、こだわり続けることの大切さと
幸運へのつながりを、教えてくださった気がします。

「まさに「感動」を与えられる店になりました♪ 」
先日、このようなメールをいただき、
感動しながら手の平をみつめつづける武田でした(笑)


【予告】次回は、宮城にいいながら、巨大ハンバーグ五重塔で、TVキー局でひっぱりだこ。
宮城県からも表彰され、飲食コンテストでも月刊食堂から私の選ぶNo.1に選ばれました。
近々、27本目のTV番組に出演される予定の、小野寺清之進さんの
授賞式を紹介します。


ブログランキング


↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

もうひとつの授賞式【猪田彰郎さん】

つばめグリルの今多勝実さんが見事優勝した、
発掘!才能お宝探しコンテスト。


飲食業界のレベルアップに
大きく貢献するノミネート者のみ
表彰状をお送りさせていただきました。

今朝、世界のコーヒー職人

猪田彰郎(いのだあきお)さんから

ご丁寧に連絡をいただきました。



表彰状をご自身のホームページに掲載いただいたとのこと。

猪田彰郎さんはこのコンテストで、小学館の岩本敏執行役員、
そして飲食コンサルタント田中司郎氏からNo.1に選ばれました。

猪田さんは、過去に
筑紫哲也さんの気になるなんばぁわんにも選ばれています。



74歳になられた猪田さん
なんとご自分でホームページを書かれています。

長年、熱い蒸気の中でお仕事をされていたせいか、
つるつるでしっとりとした美しい「手」も印象的でした。

あの手で、数々の著名人が愛したコーヒーを淹れ続けてこられたんだと・・・。

今までの輝かしい肩書きに執着せず
ひとりのコーヒー職人「猪田彰郎」として、いまも活躍されているお姿は
人として大切なことを教えられる気がします。

猪田氏の表彰はこちらに公開。


【予告】明日は、大ベストセラー舛田光洋氏の「そうじ力」の本にたびたびご登場されたり、
レシピ本担当、またお料理コーナーをウェブサイトで持つなど、幸運続きで、
いまや幸せの宝庫となったザ・ワークスカフェ・森谷悦子さん
「もうひとつの受賞式」をお届けします。


ブログランキング



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪


posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

つばめグリル今多勝実氏 授賞式のもよう

★まずは、こちら「フォトニュース」で→ http://www.food-stadium.com/

先日、こちらでも告知した、
5月31日に行われた、発掘!才能お宝探しコンテスト

優勝授賞式の模様です。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


『感動』をテーマに、
飲食業界を支える審査員12名から、
厳正なる審査で選ばれました。

その「飲食人No.1」決定にふさわしい
素晴らしい授賞式となりました!ぴかぴか(新しい)


3.jpg


今多勝実氏 ホスピタリティの神様! 

さすがの笑顔です。



談笑

・・・談笑中・・・・



社長様と
石倉社長さまと


ハンバーグ

料理長が腕をふるわれた「受賞オリジナルハンバーグ」



オニオンスープ

アツアツオニオンスープ。これ、器まで全てが厳選たまねぎです。
さすが厳選素材のつばめグリル!!



武田と

賞金500,000円授与されました。
今多氏、「そっくりそのまま、会社に寄付します」とのこと。
その心意気もさすが!


武田に花束
今多氏から、武田に花束が・・・(うれしい黒ハート)


みなさま

ご出席いただいた、つばめグリルのみなさま
(掲載承認を取っていないので、今多氏以外は、モザイクです。)

これは、飲食業界全体のレベルアップに大きく貢献するものであります。今後一層の活躍を期待します。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


心より、おめでとうございます!

※お写真を提供してくださった方々、ありがとうございました。



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪





posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 12:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

素晴らしい授賞式!

昨夜、品川から飲食スター誕生?

5月31日、わたくしどもキイストンの
いんしょくハイパー主催でおこなった、
“感動”をテーマとした「発掘! 才能お宝探しコンテスト」
優勝者授賞式が開催されました。

世界的飲食人スタッフがノミネートされているなか
厳選なる審査の上

今多勝実氏が優勝!!

賞金50万円を手にされました。


D1010412.jpg
左・石倉悠吉社長 右・今多勝実支配人(受賞者)

D1010416.jpg

=現在の関連速報記事=

▼フードスタジアム「フォトニュース」速報
http://www.food-stadium.com/
▼コンテスト概要
http://www.in-shoku.info/cont/cont.htm

たくさんのスタッフさんがお祝いした「絵」がほしいとの
マスコミさまの要望もあり、
急遽、会場を「つばめグリル」品川駅前店を
会場にお貸しいただきました。

株式会社つばめの
社長さま・専務さま・常務さまをはじめ、
新入社員さままでがお祝いにご列席。

さらに
メニューにはないオリジナル料理のご披露!
一人ひとりに「コース料理」が振舞われ

まさしく想定外!!

も〜〜〜〜!!! 武田は大感激でした。

まだ写真が届いていないので

詳しい様子は、後日報告します♪



↓ワンランク上の飲食業界と転職を手にしたい人はポチポチしてね♪

posted by “フードサービスアドバイザー”武田あかね at 15:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の飲食業界を元気にする人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。